プラモデルの未来も変わる!?コトブキヤなど3社が玩具の3DCADデータで学習させた「パーツ判別AI」を共同開発!「THE AI 2018 2nd」で展示

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

壽屋(コトブキヤ)は、AIQ社とLedge(レッジ)社と共同で、AIの学習工程を効率化する基礎技術を開発! 本技術情報が、2018年7月26日(木)に六本木アカデミーヒルズにて開催される「THE AI 2018 2nd」にて展示されます!!

 

▲学習データ生成と学習の成果

 

 

プラモデルの設計データで学習!どの商品を組み合わせたかを写真から推定!!

「パーツ判別AI」とは、プラモデルなどの玩具の設計データ(3DCADデータ)を利用して学習した、画像判別型のAI(人工知能)です。このAIは、組み立てられたプラモデルの写真から、どの商品を使って組み合わせたかを推定することができます。AI開発の効率化を目的として、壽屋とAIQ、レッジの3社が開発しました。

 

●従来のAI開発の課題

一般的に画像判別AIの開発ではAIの学習に数千枚から数万枚の写真データが必要となります。したがってプラモデルやブロック玩具のように、部品点数の多い商品を対象にしたAI開発は難易度が高いという課題がありました。

 

●開発した技術の特徴

3社はこの課題に対し、写真ではなく設計データもAIの学習に活用できるという仮説を立て、壽屋が展開するプラモデル「M.S.Gモデリングサポートグッズ」シリーズの設計データを使ってAIを学習させる実験を行いました。これにより、設計データのみの学習であっても、実在するパーツを画像から判別できることを実証しました。

 

 

AIの学習用データの収集が大幅に効率化!プラモや玩具に限らず応用できる!!

●技術の展望

本技術開発によって、人工知能の学習用データの収集が大幅に効率化できることが期待されており、プラモデルなどの玩具に限らず、あらゆるプロダクトに応用できると考えられているそう。壽屋は本技術をホビーの楽しさをより引き立たせるために活用したいとのこと。今後の展開に期待が膨らみますね!

※特許出願済み

※共同開発:AIQ、Ledge

 

 

「THE AI 2018 2nd」にて開発技術の展示、紹介を実施!

2018年7月26日(木)開催予定のAIのカンファレンスイベント「THE AI 2018 2nd」のLedgeブースにて、本技術の詳細について展示、紹介が行われます! 気になる方はぜひチェックしてくださいね。

 

DATA

THE AI 2018 2nd

  • 開催場所:〒106-6149
    東京都 港区六本木 6丁目10番1号六本木ヒルズ森タワー49F 六本木アカデミーヒルズ
    Ledgeブース
  • 開催日:2018年7月26日(木)10時00分~19時50分
  • 主催:レッジ
  • チケット料金:1DayTicket 20,000円

 

●THE AI 2018 2ndとは

「THE AI」は、「未来ではなく、今のAIを話そう。」をテーマとし、さまざまな業界のAIのスペシャリストを招き、AIのビジネス活用の「今」を語ります。AIを体現する機械学習ではいま何ができるのか。ディープラーニングはどういった活用がなされているのか。人と人、人と機械のコミュニケーションはどう変わるのか。先端の事例を交えながら、ビジネスにおける活用の第一歩、その次の一歩を見定めるためのカンファレンスイベントです。

 

関連情報

 

関連記事

 

(C) KOTOBUKIYA


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201901_re04_SAOCR_ec
  • 20190215sugumikouhen01catch
  • bppz201901_re01_nekomushume_ec
  • 20190215sugumizenpen01catch
  • ec_005
  • fnex_rem_1901_main
  • bppz201901_re03_SAOCR_ec
  • rev_figma_yukimiku2019_main
  • rev_bfp_kanan_ec