「ゾイドワイルド」第3弾!ヴェロキラプトル種「ラプトール」、ゴリラ種「ナックルコング」、トリケラトプス種「トリケラドゴス」が登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

タカラトミーが1983年からオリジナルIPとして展開している「ゾイド」<*>。その12年ぶりとなるシリーズ最新作「ゾイドワイルド」のリアルムービングキット(組み立て式駆動玩具)第3弾として、ヴェロキラプトル種の「ZW09 ラプトール」、ゴリラ種の「ZW10 ナックルコング」、トリケラトプス種の「ZW11 トリケラドゴス」の計3種が登場。2018年9月29日(土)より、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売り場、インターネットショップ、オフィシャルショップ「ゾイドベース」などで発売されます。

 

ZOIDS_ZW09_image_01

▲「ZW09 ラプトール」

▲「ZW09 ラプトール」

 

ZOIDS_ZW10_image_01

▲「ZW10 ナックルコング」

▲「ZW10 ナックルコング」

 

ZOIDS_ZW11_image_01

▲「ZW11 トリケラドゴス」(下)

▲「ZW11 トリケラドゴス」

 

個性豊かなさまざまなゾイドの登場によって、ますます広がっていく「ゾイドワイルド」ワールド。今後の展開にも期待大です!

 

DATA

  • 発売日:2018年9月29日(土)
  • 取扱い場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」、インターネットショップなど
  • 対象年齢:6歳以上
  • ゾイドオフィシャルサイト

 

 

ラプトール〔ヴェロキラプトル種〕
デスメタル帝国・“Zボーイズ”たちの搭乗機がついに登場!

劇中では“Zボーイズ”たちが搭乗するヴェロキラプトル種の小型ゾイド。ゼンマイを巻くと尻尾を左右に振りながら前進を始めます。本能解放(ワイルドブラスト)は背中の大爪を手動で引き出すことで発動! 口を大きく開き、体を前後に揺らしながら敵に切りかかるように前進します。
ZOIDS_ZW09_main_01

ZOIDS_ZW09_main_02

▲ワイルドブラスト

▲ワイルドブラスト

ZOIDS_ZW09_wildblast_02_side

▲ワイルドブラスト(横)

 

商品概要

ゾイドワイルド「ZW09 ラプトール」

  • 価格:1,200円(税別)
  • 商品内容:復元の書(2)、ゼンマイユニット(1)、アイパーツ(1)、Zキャップ(7)、ライダーフィギュア(1)グラフィティーラベル(1)、発掘パックA(1)、発掘パックB(1)
  • 商品サイズ:(W)約170×(H)約90×(D)約60ミリ

 

 

ナックルコング〔ゴリラ種〕
ワイルドブラスト時はなんと2足で自立!

劇中ではフォアグラが搭乗するゴリラ種の中型ゾイド。スイッチを入れるとモーターが作動し、わずかに口を開閉しながら、4足で歩行を開始。本能解放(ワイルドブラスト)を行うためには2足で立たせた後に、肩からアーマー部分を手動で移動させることで拳を肥大化させます。その後スイッチを入れるとワイルドブラストが発動! 口を大きく開閉させ、身体をのけぞらせながら両手でドラミングを行います。
ZOIDS_ZW10_main_01ZOIDS_ZW10_main_02ZOIDS_ZW10_main_03

 

▲ワイルドブラスト

▲ワイルドブラスト

 

▲骨(ボーン)状態

▲骨(ボーン)状態

 

商品概要

ゾイドワイルド「ZW10 ナックルコング」

  • 価格:3,000円(税別)
  • 使用電池:単4形アルカリ乾電池×1本(別売り)
  • 商品内容:復元の書(1)、リンクパーツ(8)、アイパーツ(2)、Zキャップ(16)、ライダーフィギュア(1)、グラフィティーラベル(1)、メカユニット(1)、発掘パックA(1)、発掘パックB(1)
  • 商品サイズ:(W)約155×(H)約140×(D)約160ミリ

 

 

トリケラドゴス〔トリケラトプス種〕
必殺技“ワイルドブラスト”と歩行アクションを全自動でリピート!

劇中ではギョーザが搭乗するトリケラトプス種の大型ゾイド。スイッチを入れるとモーターが作動し、頭のフリルと尻尾を動かしながら前進を開始。さらに、数歩歩いた後に停止し、隠された大きな角を前方に勢い良いよく突出させる本能解放(ワイルドブラスト)が発動します。さらに、発動後には自動で角を収納し通常の歩行アクションへと戻るため、スイッチが入っている状態であればワイルドブラストギミックを何度も発動させることが可能です。
ZOIDS_ZW11_main_01ZOIDS_ZW11_main_02

 

▲ワイルドブラスト

▲ワイルドブラスト

 

▲ワイルドブラスト(横)

▲ワイルドブラスト(横)

 

▲骨(ボーン)状態

▲骨(ボーン)状態

 

商品概要

ゾイドワイルド「ZW11 トリケラドゴス」

  • 価格:4,500円(税別)
  • 使用電池:単3形アルカリ乾電池×1本(別売り)
  • 商品内容:復元の書(1)、リンクパーツ(3)、アイパーツ(2)、Zキャップ(12)、ライダーフィギュア(1)、グラフィティーラベル(1)、WBユニット(1)、メカユニット(1)、発掘パックA(1)、発掘パックB(1)
  • 商品サイズ:(W)約290×(H)約137×(D)約135ミリ

 

 

TVアニメ「ゾイドワイルド」2018年7月より放送中!

ゾイド! それは金属の肉体と動物の本能、闘争心を持ち、生態系の頂点に立つ最強生命体である! ゾイドと人間が究極の絆を結んだ時、秘められた力が覚醒する! その名は……ワイルドブラスト!

 

 

 

【<*>ゾイドとは】
タカラトミーが1983年から玩具発のオリジナルIPとして展開する「ゾイド」は、玩具の累計出荷4400万個以上、累計売上830億円以上(市場べース)を記録する大型コンテンツです。恐竜や動物をモチーフとした“メカ生命体”で、「ゾイド(ZOIDS)」というネーミングは“Zoic(動物の・生物の)”と“Android(人造人間)”という二つの言葉に由来します。

 

その玩具であるリアルムービングキット(組立式駆動玩具)は、電動モーターもしくはゼンマイが付属し、組み立て完了後にまるで本物の生命体のように動き出すことが特徴です。

 

最新シリーズの「ゾイドワイルド」は、「ゾイドは地中から発掘され、復元される」という世界観設定になぞらえ、「発掘」「復元」を行った後「骨(ボーン)」「外装(アーマー)」の順に組み立てるという、“復元”をテーマとした新たなデザイン・組み立て方法を採用しています。これによって、従来の「ゾイド」の魅力である“組み立ての楽しさ”、“組み立てたゾイドが動き出す喜び”、“精巧かつリアルなデザイン”が更に進化しました。
さらに必殺技アクションである“ワイルドブラスト”、専用無料アプリ「ゾイドワイルド」による動画制作という新たな要素も追加されています。

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(c) TOMY/ZW製作委員会・MBS


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201902_06_MikuRacing_ec
  • bppz201902_04_SWDarthVader_ec
  • bppz201902_03_madomagi_ec
  • bppz201902_05_Buzz Lightyear_ec
  • 20190312sugumikouhen01catch
  • garupan_190308_main
  • 20190312sugumizenpen01catch
  • Livegasgha09_EC