『シドニアの騎士』の魅力を紐解く特集を掲載!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

現在、第2シーズン『第九惑星戦役』が大好評放送中の『シドニアの騎士』。電撃ホビーマガジン6月号では、そんな本作の魅力に、アニメと原作というふたつの視点から迫る特集「弐瓶 勉の世界3 シドニアの騎士」を敢行します!

 

ka_sidonia_201510424_002

 

電撃ホビーマガジンでは3度目となる今回の特集では、原作で活躍した「継衛 改二」を製作。

 

ka_sidonia_201510424_001

▲「継衛 改二」。1/100スケールスクラッチビルド、製作:柳生圭太(ランペイジ)。電撃ホビーマガジン2015年6月号掲載。

 

専用の超高速弾体加速装置など、原作者である弐瓶先生よりご提供いただいた資料を基に立体化。ついに登場した「二零式衛人 劫衛」にも通じる本機のラインをお楽しみください。さらに、本作例を製作した柳生圭太と、アニメ『シドニアの騎士』にて造形監督を務める片塰満則氏による対談も実現しています。メディアは違えど「立体」という視点から『シドニアの騎士』に触れてきたふたりによる対談は見応え充分となっています。

 

ka_sidonia_201510424_003 ka_sidonia_201510424_004

 

また、アニメ版衛人の傷の表現に真っ向から挑戦したハウトゥも掲載。実際のCG製作での傷の付け方を検証した上で、今秋発売のマックスファクトリー「figma 継衛」のサンプルを実際に塗装。その出来映えはぜひ誌面でご確認ください。

 

ka_sidonia_201510424_005

▲実際にアニメで使用された傷のパターンも併せて掲載。これを読めばアニメ版衛人が再現できる!

 

そんな盛りだくさんの『シドニアの騎士』特集が掲載されている電撃ホビーマガジン6月号をよろしくお願いします!

 

<関連情報>

アニメ『シドニアの騎士』公式サイト

http://www.knightsofsidonia.com/

 

(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery