お値段2,000万円!世界初の等身大モーションフィギュアプラットフォーム「高坂ここな」誕生!さまざまなキャラクターに変身も可能【動画あり】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ロボットプラットフォームを提供するスピーシーズより、世界初の繊細な動きの等身大モーションフィギュアプラットフォーム「高坂(こうさか)ここな」とそれを用いたプロフェッショナルエンタテインメントシステムが登場! 2019年1月16日(水)から予約開始となります。

 

img_173297_1

 

また、2019年1月16日(水)~1月18日(金)に東京都江東区の東京ビッグサイト 西ホールで行われる「ロボデックス」(コマ番号:W12-17)にて、デビューイベントが行われます!

 

 

等身大モーションフィギュアプラットフォームとは

「高坂ここな」は、各種のビジネスシーンでの応用が可能となるように、人と同等な寸法・外観を備え、感情を“仕草”で伝えられるロボットとして開発されました。

 

滑らかな動きによる表現力を有する「美しくスリムで繊細な動きのロボット」=「等身大モーションフィギュア」のプラットフォームです。これにより、従来のロボットでは不可能だったアートとロボットのコラボレーションが可能になるのだそう。

 

img_173297_2

 

img_173297_3

▲スピーシーズの業務。

 

また高坂ここなは、動きや音声などのコンテンツやアプリケーションプログラム(AIや会話なども含む)も自由に制作可能! 服装、顔や髪を交換してさまざまなキャラクターに変身させるなど、フィギュアの外観や外装などのハードウェアも自由にカスタマイズすることができます。

 

●等身大モーションフィギュアープラットフォーム「高坂(こうさか)ここな」Human Sized Motion Figure Platform ” Kosaka Cocona ” ( benten 505)

 

 

高坂ここなの特徴

いままでで最多の関節数「37自由度」を誇るダンサブルタイプのモーションフィギュア。さらにフィギュア本体を支えて動作させかつ移動も可能とするためのフィギュアドライブ部に3つの自由度(前後、左右、上下)を持たせることで、今までにない繊細且つダイナミックな動作が可能です。

 

また、人気の高い3DCG制作ソフト「MikuMikuDance」でモーション作成が可能となっていますので、手軽にモーション作成が可能です。

img_173297_5 img_173297_6

 

img_173297_7

 

価格は標準外装とシステムソフトウェア込みで2,000万円(税別)より。標準外装はオリジナルの高坂ここなです。外装のカスタマイズを含むレンタルなども検討中とのこと。
※仕様により変動。オプションでフィギュアドライブ、骨格や外装のカスタマイズもあります。

 

<特徴>

  • フィギュア部の身長約155センチ
  • スリムな外観と滑らかな動作による人に近い情感表現
  • 外装の素材は樹脂、シリコンなど、カスタマイズ可能
  • 一般の2足歩行ロボットでは実現不可能な「37自由度」を持つダンサブルタイプ
  • 人間の歩行速度で自在に移動可能な台座「フィギュアドライブ」を実装可能(オプション)
  • MOFI-OS ver3.0搭載(LINUXベース:PCやスマホなどからHTTPにて操作可能)
  • MikuMikuDanceにてモーション作成可能(.pmx、.vmdファイル利用)
  • 入手性の高い産業用モーターや部品を利用し、メンテナンス性が高い

 

 

ロボットの課題「美しくスリムで繊細な動きのロボット」を実現する特許技術

美しい動くフィギュアを実現するための技術開発が行われ、必要な特許が4件国際出願されています(2件はすでに国内で取得済み)。

 

img_173297_4

▲取得特許。

 

2014年7月にスピーシーズは、スリムでキュートなキャラクターを静かにかつ滑らかに動かすことができる独自の特許技術(Motion Figure System:特許第5858556号)を応用した、「モーションフィギュアー:MF201」を発表。人形部の各関節を特殊なワイヤー駆動方式で駆動し、駆動力を発生するサーボモーターや制御用のCPUは下部に設けられた「からくりユニット」内に収納。スリムな外観と静かな動作音を兼ね備えた真のモーションフィギュアです。

 

また、今回の等身大モーションフィギュアでは、新たな特許技術(特許第6408748号)として美しい外観と関節を構成する方法やモーターの配置と回転力による駆動力の伝達方式(リモートモーター方式)を取得し、最適なメカ構造を得ています。それにより、入手が容易でメンテナンスがしやすい一般産業用サーボモーターを用いてスリムな少女型の体形をも実現することが可能になったそうです。

 

DATA

高坂ここな

  • 等身大モーションフィギュアプラットフォーム並びにプロフェッショナルエンタテインメントシステム
  • フィギュア身長:約155センチ
  • 外形寸法(約):W60×D80×H180センチ
  • 外装:樹脂、シリコン、塗装などに対応可能
  • 駆動方式:多関節回転力伝達方式(リモートモーター:特許取得済み)
  • 関節可動範囲:最大200度程度(部位による)
  • ホストとの接続:Wi-Fi、LANなど
  • 発売元:スピーシーズ
  • 価格:標準外装とシステムソフトウェア込みで2,000万円(税別)~
  • 2019年1月16日(水)予約開始

 

関節自由度:37自由度

  • 頭部3軸(水平旋回、左右傾き、前後傾き)
  • 腕7軸×2本(肩回転、肩開き、上腕回転、肘、手首×3)
  • 足6軸×2本(もも前後、もも回転、開き、膝、足首×2)
  • 体内腰部5軸
  • 腰(水平旋回、左右傾き、前後傾き)
  • 上半身(水平旋回、左右傾き)
  • フィギュアドライブ部3軸(ステー上下、ドライブ水平移動【前後+左右】)

 

●スピーシーズについて

大学・企業での研究用途、業務用などに多くの導入実績を持つロボットならびにロボット開発プラットフォームを提供するロボット開発企業です。2005年6月には、世界に先駆けて燃料電池を搭載した2足歩行ロボット「Speecys-FC」を発売、また2007年4月には、いままでのロボットの概念を打ち破る「インターネットロボット:SPC-101C」を発表し注目を集めました。2014年7月には、スリムでキュートなキャラクターを静かにかつ滑らかに動かすことができる独自の特許技術を応用した、「モーションフィギュアー:MF201」を発表し話題に。

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • 20190215sugumikouhen01catch
  • bppz201901_re01_nekomushume_ec
  • 20190215sugumizenpen01catch
  • ec_005
  • fnex_rem_1901_main
  • bppz201901_re03_SAOCR_ec
  • rev_figma_yukimiku2019_main
  • rev_bfp_kanan_ec
  • rev_wf2019w_arthur_main