『∀ガンダム』モビルスーツデザインや『スタートレック』『エイリアン2』などを手がけた世界的デザイナー、シド・ミード氏の原画展が東京・秋葉原で開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

“ビジュアル・フューチャリスト”として数多くのクリエイターや作品に影響を与えて来た世界的インダストリアルデザイナー、シド・ミード氏の原画展「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」が、2019年4月27日(土)から5月19日(日)までの23日間、東京・秋葉原のアーツ千代田3331にて開催! 2月16日(土)午前10時より、イープラスにて一般・特典付き前売り券(4種類)が販売開始されます。

 

2s0d1k9e0g2s7m9k (4)

 

日本では34年ぶり3回目、今世紀では初開催となる本イベントは、ミード氏が所有する膨大なアーカイブから厳選された画稿のほか、日本独自のセレクションを加えた4つのパート「PROGRESSIONS」「The Movie Art」「TYO special」「Memories Of The Future」で構成され、150点の展示が予定されています。
2s0d1k9e0g2s7m9k (3)

 

●PROGRESSIONS
シド・ミード氏の膨大なアーカイブのなかから、60年にわたるキャリアの中から自薦したオリジナル作品50点、初期の水彩画から最新作までを一堂に展示する回顧展「PROGRESSIONS」。2012年から全米各地を巡回中のパッケージ。ミードデザインのヴィークル(自動車など)、建物、宇宙や、初期作品集「センチネル」や「オブラゴン」などのカバーアートを含みます。
2s0d1k9e0g2s7m9k (6)

 

●The Movie Art
ミード氏が初めて映画に関わった『スタートレック』、SF映画の金字塔『ブレードランナー』および同シリーズ最新作『ブレードランナー2049』、『エイリアン2』などの多数の大作ハリウッド映画からデザイン・スケッチやイラストレーションを展示。さらに、未制作映画から未発表の初期デザインやプロモーション用アートが世界初公開となります。?
2s0d1k9e0g2s7m9k (5)

 

●TYO Special
数あるミード氏のデザイン活動のなかでも特に多い日本でのプロジェクトにフォーカス。アニメーションの二大キャラクターに挑んだ『YAMATO 2520』のCADによる設計図やイラストレーション、2019年で20周年を迎える『∀ガンダム』からはモビルスーツのデザインやポスターアートなどを展示するほか、HONDA、国際スポーツフェアなどの作品群を交えた世界初公開を含めた多数の作品を展示。
2s0d1k9e0g2s7m9k (7)

 

●Memories Of The Future ―Matsui Collection
画集最新刊『シド・ミード ムービーアート』で翻訳監修を担当したシド・ミード研究家、コレクターである松井博司氏の秘蔵コレクションより、『Hot Wheels』のポスターデザインのほか、鉛筆による下絵、マーカーによるスケッチ、トレース画、完成画に至る制作過程を原画で世界初公開します。
2s0d1k9e0g2s7m9k (8)

 

「シド・ミード展」開催に寄せて、コメント

植田益朗(スカイフォール)/シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019 実行委員長
20年前の1999年に、シド・ミード氏と共に新しいガンダムワールドを切り開くべく挑戦した、「ターンエーガンダム」はその後のガンダムワールドに多大な影響を与えました。また、多くのクリエーターに影響を与えているミード氏の功績、実績はいまさら説明する必要はないでしょう。その仕事や作品は、あまりにも鮮烈で、暖かで、シャープで、ポジティブで、繊細なデザインとコンセプトアートゆえ、脳裏に刻み込まれたその存在感は輝きを失うことなく、多くの人たちの血肉となり受け継がれております。しかし、その功績の証である、画集、作品が今では手に入らない状況を知り、またその本物も日本のファンの前から遠ざかって34年、今こそ文字通り『本物』を見せるべきとの提案に、二つ返事で同意をしてくれたミード氏に心より感謝をしております。ミード氏の作品を日本にご紹介できる大役に身が引き締まる思いと、栄誉あるそのミッションを大変光栄に思っております。
失われた未来を取り戻すべく、シド・ミード氏の魂に向き合う、その貴重な体験をすべてのフューチャリストへお届けしたいと願っております。

 

渡辺 繁(スカイフォール)/シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019 企画総合プロデューサー
満を持して天才シド・ミード氏の極上の作品群の本物を展示いたします。未来に輝く皆さまお一人おひとりのために精魂込めて一度限りの開催となります。一過性のファッションではなく、ぬくもり感のある画稿をキチンと見て何かを感じて帰っていただく。そんな、一期一会の場にしたいです。
ひとつひとつが膨大な時間をもって作られたアイディアの集積であること、その物語を考えながら絵を見ると、ひとつひとつが日暮しの門のようです。味わっていただきたいですし、何度も来て、観ていただきたいと思います。

 

松井博司/シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019 キュレーター
100年に一人の逸材と言われたリビング・レジェンド(生きる伝説)の原画たちが、彼が愛したこの東京に集結します。シド・ミード氏にサムライと呼ばれ、四半世紀以上にわたって、その傍らで見守ってきた彼の友人たちが立ち上がり、文字通り最初で最期となる悲願のパッケージが実現します。ラフに遊んだアイデアスケッチから執念のトレース画。初期の水彩画から精緻で華麗なファイナル・レンダリングに至るまで、その原画を思う存分堪能できる本展は、単なるデザイナーやイラストレーターの個展ではありません。彼は発明家であり、思想家として自らを「フューチャリスト」と命名した最初のクリエイターです。彼のアートには未来へのヒントや我々へのメッセージが散りばめられています。我々はアンチテーゼも秘めたそれらの問いかけに未だ答えきれていないのです。その答えを探しに彼のビジョンを肌で感じてください。

 

DATA

シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019 一般前売券&特典付き前売券情報

  • 販売開始日時:2月16日(土)午前10時
  • 販売サイト:イープラス
  • 前売券:全5種(一般チケット、特典付きの一般前売券×4種)
  • 一般(1,800円)/当日券は一般2,000円、学生(大学生・専門学校生以下)1,000円、小学生以下無料、障害者手帳お持ちの方および付添者1名無料
  • 特別仕様パンフレット付き(5,000円)/展示会場販売版と表紙の異なる特別仕様。内容は会場販売版と同一(128ページ)。会場販売版は1冊3,200円(税込)
  • 『SYD MEAD 1969』ポストカード・セット付き(5,000円)/シド・ミード作品18点のポストカードセット。展示会場販売版と同一。
  • 『Turn A Gundam』ポストカード・セット付き(2,800円)/『∀ガンダム』のイラスト5点ポストカードセット(前売特典専用ケース付)。カード・セットは展示会場販売版と同一。
  • 『YAMATO 2520』ポストカード・セット付き(2,800円)/『YAMATO 2520』のイラスト5点のポストカード・セット(前売特典専用ケース付)。カード・セットは展示会場販売版と同一。

※イラスト前売券の現物および特典は「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」会場での交換となります。
※券面、特典のデザインや内容は変更となる場合がございます。

 

シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019

  • 日時:2019年4月27日(土)~5月19日(日)
  • 会場:アーツ千代田 3331/1Fメインギャラリー(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
  • 開催時間:11:00~20:00(最終入場は閉館の30分前まで)
  • 定休:会期中無休(館内施設は火曜定休)
  • 料金:当日2,000円/学生(大学生・専門学校生以下)1,000円/小学生以下無料/障害者手帳お持ちの方および付添者1名無料
  • 前売チケット:一般1,800円その他、特典付き前売券4種
  • 前売チケット:2019年2月16日(土)午前10時よりイープラスにて
  • 企画:スカイフォール [主催]シド・ミード展実行委員会
  • 後援:公益社団法人日本インダストリアルデザイナーズ協会(JIDA)[協力]GKデザイン機構、ソニー
  • 問合せ:シド・ミード展実行委員会 事務局 MAIL:smead.info@gmail.com

※紹介順不同。
※実際の展示順とは関係ありません。
※タイトル、展示内容は予告なく変更となる可能性があります。

 

●ビジュアル・フューチャリスト「シド・ミード」プロフィール
1933年7月18日、アメリカ合衆国ミネソタ州生まれ。フォードのカーデザイナーとしてキャリアを出発させるが1970年に独立。未来志向でリアルなビジョンの数々は、彼を瞬く間に世界的なインダストリアルデザイナーへと押し上げる。その活躍はプロダクトデザインの領域に留まらず、1979年から始めた映画美術の仕事でも優れた成果を上げた。『スタートレック』(79)『トロン』(82)『ブレードランナー』(82)『2010』(84)『エイリアン2』(86)など、いまや誰もが知るSF映画の名作を手がけるレジェンド的存在である。近年も『ブレードランナー2049』(17)への参加が話題を呼ぶ。2016年、アメリカの視覚効果協会が主催するVES賞特別功労賞「ビジョナリー賞」受賞。

 

関連情報

 

関連記事

(C)Syd Mead, Inc
(C)1982 The Blade Runner Partnership. All Rights Reserved.
(C)創通・サンライズ
(C)Syd Mead, Inc


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery