地形に合わせて動くタミヤのムカデロボットにクリヤーオレンジのニューカラーモデルが仲間入り!

18本の脚で、地面の形に合わせて進む方向を変えながら動くムカデ型ロボットの工作セットがタミヤから発売! クリヤーオレンジの特別カラーとなって再登場です。

 

ロボットの構成は、触覚の生えた頭部のユニットが1個、同じ形をした胴節のユニットが6個、そして中央にはモーターと電池を内蔵したユニットが1個。これらすべてのユニットがギヤボックスになっていて、モーター1個で動きます。

ムカデロボット工作セットは大阪大学・大須賀教授率いるチームが作ったムカデ型ロボット「i-CentiPot」を参考にして作られました。「i-CentiPot」は柔らかい関節で繋がった胴体と柔らかい脚で構成されています。コンピュータなどの搭載はなく、モーターで脚を回転させているだけなのに、地面の形に合わせて方向を修正しながら進みます。

 

路面の形状に合わせて上下左右に進路を修正しながら進みます。

 

頭部にあるラダーの向きを変えて、進行方向の調整ができます。

 

ユニットの接続部分。

 

ユニットの内部構造。

 

DATA

ムカデロボット工作セット(クリヤーオレンジ)

  • プラモデル
  • 全長:400ミリ
  • 発売元:タミヤ
  • 価格:3,200円(税別)
  • 2019年8月10日(土)発売予定

※単4形電池2本(別売)が必要です。

 

関連情報

 

関連記事

 

上に戻る