トミカリミテッド ヴィンテージNEOシリーズに、1980年代の最先端スペシャリティカー・3代目シルビアが見参!ブラックとマルーンの2タイプ!

更新日:2020年5月15日 03:40
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

トミカが誕生した1970年以降の名車で、主にトミカで商品化されていない車を商品化する「トミカリミテッド ヴィンテージNEO」から、3代目シルビア・ハッチバックが登場です! ここでは、「第59回静岡ホビーショー」で発表予定だった新商品を紹介していきます。(⇒「2020年春ホビー情報」まとめページはこちら

 

1979年、『白い稲妻』のキャッチフレーズで現れた三代目シルビア。2ドアハードトップのみだったボディスタイルは’79年から3ドアハッチバックを追加。’81年のマイナーチェンジではターボ車が登場し、さらに人気が盛り上がります。モータースポーツにも参戦し、ラリーでは「240RS」へと発展、サーキットレースではスーパーシルエットとして日産ターボ軍団の一翼を担いました。

 

 

LV-N210a シルビアHBターボZSE 81年式(黒)

TLV-NEOでは2017年、まず姉妹車のガゼールを製品化。北米輸出仕様のダットサン200SX、『西部警察』登場のシルビアを経て、通常品では初のシルビアを展開! どちらもターボ車で、黒ボディでは硬派なターボZSEを再現。

 

 

DATA

LV-N210a シルビアHBターボZSE 81年式(黒)

  • ダイキャスト製塗装済み完成品
  • 1/64スケール
  • 発売元:トミーテック
  • 価格:2,500円(税別)
  • 2020年9月発売予定

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

 

 

LV-N210b シルビアHBターボZSE-X 81年式(マルーン)

マルーンのボディは豪華なターボZSE-Xを再現。四角くシャープなボディスタイルで一躍人気車になりました。

 

走りだけではない、豪華装備、先進メカニズムを競っていたスペシャリティカーの時代を偲びます。

 

 

DATA

LV-N210b シルビアHBターボZSE-X 81年式(マルーン)

  • ダイキャスト製塗装済み完成品
  • 1/64スケール
  • 発売元:トミーテック
  • 価格:2,500円(税別)
  • 2020年9月発売予定

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

 

>>「2020年春ホビー情報」まとめページ

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)TOMYTEC
版権元商品化許諾申請済


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery