【それじゃとりあえず同盟を結ぼうか】「ワンフェス2020[冬]」で販売の『SSSS.GRIDMAN』DXフルパワーグリッドマン Initial Fighterカラーを製品レビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

大好評のうちに放映を終え、さらに新作『SSSS.DYNAZENON』も発表になり、改めて盛り上がっているTVアニメ『SSSS.GRIDMAN』。グッドスマイルカンパニーから発売された「超合体超人 DXフルパワーグリッドマン」は、変形合体に重きを置いた、その過剰なまでの“玩具らしさ”が楽しいフィギュアです。

 

 

今回は「超合体超人 DXフルパワーグリッドマン Initial Fighter カラー」として、第1話で登場した最適化前のグリッドマンカラーで登場します。さらに、グリッドマン本体に合わせてアシストウェポンもすべてリカラーされた“Initial Fighter”=“IF(もしも)”バージョンという、実に心憎い演出になっています。おもちゃとしての手触り感も素晴らしく、一日で遊びきれない超ボリュームの本アイテム。今回は製品サンプルでレビューしていきます!

 

 

パッケージです。一色印刷ってスペシャルな感じでそれだけでワクワクしませんか? 箱は50センチ近くありひたすら巨大です。完全にDX玩具です。

 

パカっと開けると内部は往年の玩具を思わせる贅沢なデザインシートが用意! 白基調のIFカラー版と、通常カラー版の両方が付属しております。

 

ではグリッドマンから見ていきましょう。通常カラーと造形は変わりませんが、寒色中心にまとめられておりさらにスッキリとした風合いになりました。頭部も劇中の作画カットとCGのイメージをうまく統合して作られており、SSSS.らしいグリッドマンです。

 

合体前提のため、各部の可動は控えめ。……なのですが、関節の取捨選択が抜群でポージングも十二分以上に楽しめます。第1話での登場シーンから……。

 

第1話のあのキックっぽい飛び蹴り残心もそれらしくまとまります。専用台座も付属しており、不安定なポーズでも固定はバッチリ。

 

トドメのグリッドビーム。可動箇所が控えめなので、ビシッと決めやすいのがじつはメリット。

 

アシストウェポン、グリッドマンキャリバーを装備。無口ながらも頼れる保護者、サムライ・キャリバーがアクセスコードで変身した姿です。印象通り分厚い剣になっており、グリッドマン本体でしっかり支えられます。

 

若干だまし絵っぽい感じではありますが、2話の剣を上段に構えて迫るシーンも決まります! 関節の配置と割り切りが絶妙であればこそ。

 

アシストウェポン、バトルトラクトマックス。サムライ・キャリバーと同じく新世紀中学生のマックスがアクセスコードで変身した姿です。重機と戦車を足したようなその姿、箱っぽい形状で迫力満点。

 

コロ走行が可能、砲塔は射角と回転がつけられる……と変形の恩恵もあり単体でも楽しく遊べてしまいます。繊細そうな車体前部のパラボラは軟質パーツなのでご安心を。

 

グリッドマンと合体、マックスグリッドマンへ! 末端肥大のシルエットが魅せてくれる、力感ある形態に。

 

 

肘は90度弱動き、グッと力を込めたポーズもこのとおり。

 

そして超電撃キックポーズもいけます。腕のサイズが大きいので、振り回すだけでもシルエットが大きく変化します。

 

アシストウェポン、バスターボラー。ボラーがアクセスコードで変身する、ドリルを正面に搭載した機体です。ドリルと履帯がコンパクトにまとまった姿が美しい。

 

地中からドリルで出てくる姿をイメージして。

 

合体すればバスターグリッドマンに! 正面装甲から四方にユニットを装着した姿になります。ドリルの見かけによらず(?)遠距離攻撃にも強く、ミサイルやビームでの飽和攻撃が得意。

 

オープニングでのクローラーを使った疾走ポーズ。四肢の造形のおかげで、手を突き出したポーズがじつに伸びやかです。

 

もちろん武装類を展開したフルバースト状態にもなります。クローラーが変形したミサイルポッドはグリップがあり、しっかり構えられますよ。

 

アシストウェポン、スカイヴィッター。ヴィットがアクセスコードで変身する飛行型のアシストウェポンです。アシストウェポンの中でも随一の大型サイズながら、シャープな印象の機体です。

 

やはり空を飛ぶようなアングルだと様になります。ついつい手で持って飛ばしたくなる機体。(画像は専用台座を加工して浮かせています。こちらのスタンドアームはスカイヴィッターに対応していません)

 

グリッドマンを背面に乗せるのもギリギリオーケー。こちらの台座はスカイヴィッター専用のものです。

 

合体、スカイグリッドマン。巨大な脚部のブースターに、飛行機のパイロットを思わせるヘルメット、鋭いシルエットでこちらも個性的。

 

スカイヴィッター同様、空を飛ぶようなアングルがやはり似合います。最初からパースがついているようなデザインなので、これだけでまるで空を飛んでいるような画に。(画像は専用台座を加工して浮かせています。こちらのスタンドアームはスカイグリッドマンに対応していません)

 

腰のパイプを外せば、足も動かせるようになります。キック後のフォロースルーを思わせるポーズも!

 

そして今こそ全ての力、合わせるとき! のフルパワーグリッドマン。カッチリした合体に美しい塗装と成型色で存在感は抜群。IFカラーでは黒と青がベースカラーとなっており、往年トイのカラーバリエーションを思わせるところもまた嬉しい。グリッドマンキャリバーは背中に背負うこともできます。

 

グリッドフルパワーフィニッシュ風に。可動はどうしても制限されますが、視線を振るくらいはお手の物。

 

 

指が可動する手もボーナスパーツとして入っており、これを組み合わせれば表情付けがさらに多彩に。また、フルパワー状態で射撃武器を展開したりすることもできます。

 

アシストウェポン4体で、合体戦神パワードゼノンへの合体も可能! この合体メカ然としたなんとも言えない体型がたまりません。新規シールは旧玩具のイメージを想起させるデザインで、往年のファンにはたまらないのでは……?

 

ほとんど動かないものの、迫力は最高です。ついずっと飾ってしまいそうな玩具感。

 

公式では「オレ合体」も推奨されているこのトイ。写真のようなシンプルなパワーアップから、通常版と組み合わせての特盛合体までぜひ楽しんでいただきたいです……!

 

IF版、ということで、グリッドマンと出会う前のアシストウェポンたちの活躍まで想起させる「超合体超人 DXフルパワーグリッドマン Initial Fighter カラー」。本体も可動範囲は控えめながら、アングルとポーズがイメージできれば、騙し絵的に画が作れるそのポテンシャル、見えざる工夫の精度も凄まじいです。限定版のこのチャンスに、グリッドマンやアシストウェポンととりあえず同盟を結んでみてはいかがでしょうか……!

 

DATA

超合体超人 DXフルパワーグリッドマン Initial Fighter カラー

  • ABS&PVC塗装済み合体トイ
  • 全高:約21cm(フルパワーグリッドマン時)、約14cm(グリッドマン単体)
  • 原型:アストレイズ
  • 付属品:グリッドマンキャリバー、バトルトラクトマックス、バスターボラー、スカイヴィッター、デザインシート(IFカラー用・通常版用)、専用台座
  • 発売元:グッドスマイルカンパニー
  • イベント価格:17,500円(税込)

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery