『妖怪ウォッチ』は何位?あの国民的人気キャラが初のTOP3入り!子どもが好きなキャラクターランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

バンダイは、2017年5月12日(金)~5月14日(日)の期間に「お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査」を800人を対象に実施! このたび、気になる結果と分析などが公開されました!!

※0~12歳の子どもを持つ親(子どもと一緒に回答できる方)800人を対象に実施。

 

3年ぶりに『アンパンマン』が総合1位に! 『ドラえもん』は初のTOP3入り!

男女総合の「好きなキャラクターランキング」では、2014年まで13年連続1位にランクインしていた『それいけ!アンパンマン』が、3年ぶりに1位に輝きました! また、2016年に4位だった『ドラえもん』が、1996年のアンケート開始以降、初の男女総合TOP3入りとなる2位にランクイン!

 

●好きなキャラクターランキング(総合)

(単一回答/回答人数=800人)

 

さらに、2016年はTOP10圏外だった『名探偵コナン』が大躍進を遂げ6位にランクインし、初のTOP10入り! 『名探偵コナン』以外にも、『しまじろう』や『スーパー戦隊シリーズ』といった昨年圏外だったキャラクターがTOP10にランクインしています。

 

1位となった『それいけ!アンパンマン』は、特に未就学児に人気があり、好きな理由については、「いろいろなキャラクターがストーリー中に出てきて楽しい」、「おもちゃの種類が多く、なじみがあるから」などのコメントが寄せられました。子どもが楽しめて、なおかつ「馴染みがある」など親からの支持も得られることが、上位を保ち続けている要因であることがうかがえます。

 

 

男子の1位は『ドラえもん』、女子の1位は『アンパンマン』

好きなキャラクターの調査結果を、男女別のランキングで見てみると、男子の1位は『ドラえもん』、女子の1位は『それいけ!アンパンマン』という結果になりました。

 

●好きなキャラクターランキング(0~12歳 男女別)

(回答人数=各400人)

 

『名探偵コナン』が9~12歳男女から特に人気!

男子のランキングでは、0~2歳の未就学児を除くその他の年齢すべてで『ドラえもん』が2位にランクイン。幅広い年齢から愛されているキャラクターであることがわかります。また、男子の6~8歳では、『妖怪ウォッチ』が他キャラクターと大きな差をつけて1位にランクイン。安定した人気を獲得していることがわかります。

 

●好きなキャラクターランキング(男子・年齢別)

(回答人数=100人)

 

女子においては、0~2歳、3~5歳では、『それいけ!アンパンマン』への支持が高く、6~8歳、9~12歳では『アナと雪の女王』『ポケットモンスター』が人気でした。

 

●好きなキャラクターランキング(女子・年齢別)

(回答人数=100人)

 

2017年、初めて男女総合TOP10入りを果たした『名探偵コナン』は、9~12歳の高学年から支持を集め、男女ともに1位にランクイン。好きな理由として、「謎解きが楽しいから」、「ドキドキして見るのが楽しいから」などのコメントが寄せられていました。学年が上がるにつれて、キャラクターだけではなく、推理など少し複雑なストーリー性があるものが好まれているようです。

 

また、『アナと雪の女王』は3年連続、女子全体で3位、4位には『ディズニープリンセス』がランクインするなど、女子からの安定したディズニーキャラクター人気が感じられる結果に。また、雑貨を中心に展開している『すみっコぐらし』は2016年に続きTOP5入り。男子TOP5の結果と比較すると、女子TOP5は2016年とほぼ変動がないことから、女子に人気なキャラクターが定着している傾向が見られました。

 

 

最も好きなキャラのために使った年間金額の平均は8,604円!!

過去1年間に子どもの最も好きなキャラクターのために親が使った年間金額の平均は、8,604円。年間使用金額のボリュームゾーンは、5,000円~9,999円(22.6%)、次いで10,000円~29,999円(21.9%)、1,000円~2,999円(19.2%)となっています。

 

●最も好きなキャラクターのために使った年間金額

(回答人数=526人)

 

また、調査対象となっているお子さんを「長子(最初の子)」と「次子」に分けて見てみると、「長子のみ」の年間金額の平均は10,304円、「次子以降」の平均は6,547円となり、「長子」により多くのお金を使う傾向がみられます。さらに、長子の中でも「一人っ子」の年間金額の平均は11,205円、長子の「一人っ子以外」は6,949円で、「一人っ子」にキャラクター関係のものを購入する傾向が高いと推測されます。

 

なお、子どもの最も好きなキャラクターに関するもので、過去1年間購入・体験したもののなかで「最も金額が高かったもの」について質問したところ、全体では「おもちゃ」(18.3%)、「ゲームソフト」(6.8%)、「服飾・装飾品」(6.1%)という結果になりました。

 

●過去1年に購入・体験したことがあるもので、最も金額が高かったもの

(単一回答/回答人数=800人)

 

DATA

お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査

  • 調査目的:子どもの好きなキャラクターに関する意識・実態を探る
  • 調査地域:全国
  • 象者条件:0~12歳の子どもを持つ親 ※子どもと一緒に回答できる方
  • 調査手法:インターネット調査(協力:クロス・マーケティング)
  • 実査期間:2017年5月12日(金)~5月14日(日)
  • サンプル数:800人
  • 構成:【男子/女子】0~2歳、3~5歳、6~8歳、9~12歳 各100人・合計800人

※本調査は1996年から実施しており、2013年以降に調査方法を一部変更しています。

※調査対象は2013年~2016年まで長子のみ、2017年より長子に限定せずに回収しています。

 

参考

●好きなキャラクターランキング(0~12歳・男女総合/過去4年分)

 

●最も好きなキャラクターのために使った年間金額の平均(2013年~)

 

●長子・次子別にみた年間金額平均(2017年)

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • KEY
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • eye
  • ec
  • IMG_6074
  • main_2
  • main