「デジフェス2016」選ばれし子どもたちとパートナーデジモンが初の勢揃い!ライブパートではAiMさんによる「an Endless tale」も披露

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

7月31日(日)、八王子オリンパスホールにて「DIGIMON ADVENTURE FES. 2016」が開催されました。ステージには『デジモンアドベンチャー tri.』で“選ばれし子どもたち”を演じる花江夏樹(八神太一役)さん、三森すずこ(武之内空役)さん、細谷佳正(石田ヤマト役)さん、田村睦心(泉光子郎役)さん、吉田仁美(太刀川ミミ役)さん、池田純矢(城戸丈役)さん、 榎木淳弥(高石タケル役)さん、M・A・O(八神ヒカリ役)さん、荒川美穂(望月芽心役)さんが登場。

 

 

さらに、その“パートナーデジモン”役である坂本千夏(アグモン役)さん、重松花鳥(ピヨモン役)さん、山口眞弓(ガブモン役)さん、櫻井孝宏(テントモン役)さん、山田きのこ(パルモン役)さん、竹内順子(ゴマモン役)さん、 松本美和(パタモン役)さん、徳光由禾(テイルモン役)さん、森下由樹子(メイクーモン役)さんも登壇し、なんと『デジモンアドベンチャー tri.』初となるオールキャスト勢揃いの豪華な催しとなりました。

 

イベント開始へのカウントダウンがゼロになると、『デジモン』シリーズで挿入歌を担当した宮﨑歩さんが登場。「brave heart〜tri. Version〜」を歌い上げ、会場を盛り上げました。

 

 

キャスト陣が登壇すると、やはり勢揃いしてステージを迎えたことが話題に。選ばれし子どもたちとパートナーデジモンの18名が全員揃うのは、アフレコ現場でもなかったそうです。「デジフェス」初参加となる三森さんは「去年、皆が『デジフェス』を通して親睦を深めていてショックだった」とコメント。同じく初参加の櫻井さんは「去年はビデオレターを送りました。死んだ目でプチサンダーって言ってました」とジョークを交えて振り返り、客席の笑いを誘いました。

 

 

最初のトークコーナーは、今さら聞けない質問をパートナーに投げかけるという「デジモン×Q」。田村さんが「テントモンの声がすごくかわいいです。最初からあの声でいこうと思っていたのでしょうか?」と質問すると、櫻井さんは『デジモンアドベンチャー』が自身初のレギュラー番組だったことに触れ、「オーディションの時に名だたる方々が大勢いらっしゃった。これは普通にやったらあかんと(思って)」とテントモン誕生秘話を披露。「テントモン、かわいいですか?」と問いかける櫻井さんに対し、客席からは「かわいい!」と声があがる一幕もありました。

 

 

続く「デジモン×セレクション」のコーナーでは、キャスト陣がお気に入りのシーンをピックアップ。第2章で描かれた大江戸温泉のシーンやロゼモンへの究極進化、第1章のアグモン初登場シーンが挙げられました。三森さんはアグモンの登場について「大きく成長した皆が、デジモンとの出会いで“あの頃”に戻っていくような感じにキュンとしました」とコメント。花江さんは「やっぱりアグモンと再会してから『デジモン』が始まった という気がした。大きくなったな、小さくなったなって言い合うセリフが良いですよね」と感慨を語りました。

 

 

トークコーナーのラストを飾るのは、ちょっと言いにくいことを打ち明けるという「デジモン×告白」。M・A・Oさんはお菓子のボーロが好き過ぎて、最近は主食にしてしまっているという驚愕の事実が明らかとなりました。それを聞いた坂本さんは「ボーロを主食にしたらそんな体型になれるの?わかった!」とアグモンの声で応え、細谷さんが「俺もボーロ食べよう!」と続ける場面もあり、観客は大爆笑。3章のアフレコでは、松本さんが監督から厳しいダメ出しを受けたことなどを打ち明けました。

 

 

その流れで、話題は9月24日(土)に公開を控える『第3章「告白」』へ。田村さん曰く、前半はタケルとパタモンがメインのお話となるようです。さらに、ここで第3章のエンディングテーマを担当するアーティストが発表となりました! スクリーンには、ファンであればどこかで見たことのあるカットが映し出され、そのアーティストが細谷さん演じる石田ヤマトがボーカルを務める劇中バンド「KNIFE OF DAY」であることが分かりました。

 

 

試写を見た山口さんは「エンドロールの最後に、とあるメッセージが込められている」と話すと、花江さんは「あまりアニソンっぽくないですよね」と補足。櫻井さんも「すごくカッコいいですよ」と太鼓判を押しました。そんななか、そのエンディングテーマ曲「僕にとって」を使用したPVが特別に公開されることになり、客席からは大歓声が。PVを見た細谷さんは「歌と一緒にガブモンとヤマトを見るとグッときますね」とその出来映えを絶賛しました。

 

続く朗読劇では、子どもたちとデジモンが全員で海に遊びに行くという日常が描かれました。ヤマトの仕切りのもと、バーベキューの準備に悪戦苦闘する様子や、水着に着替えた女性陣を前にあたふたする太一や光子郎のやりとりをコミカルに表現。笑いが絶えないなか、「いつまでもこうして いたいね」と語り合う芽心とメイク—モンが印象的でした。

 

 

スペシャルライブには再び宮﨑さんが登場。『デジモンアドベンチャー02』の挿入歌「Beat Hit!」と「Break up!」を熱唱し、「デジモンのイベントは僕にとってホーム。この瞬間を皆さんと共有できることが嬉しいです!」とメッセージを送りました。

 

 

「I wish〜tri. Version〜」を歌いながら登場したAiMさんは、「『I wish』には水谷優子さん、重松花鳥さん、山田きのこさんと一緒に歌ったバージョンがあります。そのことを思い出して聴いてきました。水谷さんもどこかで(このライブを)聴いていると思うので、皆の声を届けてください」と『デジモンアドベンチャー』シリーズで武之内空役を演じ、2016年5月17日に亡くなった水谷さんを偲びました。

 

 

「もうひとり、声を届けてください」と続けるAiMさん。「一緒にステージに立ちたい人がいる。もうこの曲は歌えないと思ったけど、わがままを言ってスタッフに(音源を)引っ張り出してもらいました」と話す傍ら、花で彩られたマイクスタンドが運び込まれました。AiMさんは「行きますよ、和田さん」と告げ、「an Endless tale」を歌唱。この曲は、AiMさんと和田さんによるデュエット曲で『デジモンフロンティア』のエンディングテーマとなっていました。シリーズファンにとって、あまりにも衝撃的だった和田さんとのお別れ。客席からは、そのことを思い出してかすすり泣く声も聞こえてきました。

 

 

ここからは、宮﨑さんとAiMさんによる「和田光司スペシャルメドレー」! 「The Biggest Dreamer」「ターゲット〜赤い衝撃〜」「ヒラリ」「FIRE!!」と歴代のオープニングテーマを宮﨑さんとAiMさんがデュエットし、この日一番の盛り上がりとなりました。

 

 

メドレーの締めとして「Seven〜tri. Version〜」が歌われた後は、キャスト陣もステージに登場。ここで、重松さんから水谷さんへ向けて手紙の朗読が行われました。キャラクターソングを収録した当時の思い出や、水谷さんがパーソナリティを務めるラジオ番組にゲスト出演したこと、毎年くれる年賀状には必ず「ピヨちゃん、ピヨモンちゃん」と書かれていたことなどを振り返り、最後は「空、大好きだよ」とピヨモンからのメッセージを送りました。

 

 

イベントのラストは『デジモン』のお祭りらしく、「Butter-Fly〜tri. Version〜」を観客含めた会場の全員で斉唱! 最高潮の盛り上がりを見せたまま、ステージの幕を降ろしました。

 

 

イベント終了後は、ステージ出演者全員に対する取材の場が設けられました。ひとりずつイベントの感想についてコメントがあった後は、宮﨑さんがメドレーの曲順について裏話を披露する一幕も。「『FIRE!!』を最後にもってきた理由は、和田くんのライブでは最後に“君を連れて”で締めるのがお約束だと聞いていたので、それを再現したかった」とのこと。

 

AiMさんに「an Endless tale」を歌うことになった経緯を尋ねたところ、「私が歌わないと、この曲は歌われなくなってしまうと思いました。当時、私と和田さんが別々に録った音源が入っているMDが自宅にあるはずなので探したんですけど、見つからず……。スタッフが保管している音源を引っぱり出してもらいました」との答えが。「この曲を、私が泣かずに歌いきれるかは賭けだったんですけど、無事に歌えてホッとしています」と、想いの丈を語ってくれました。

 

「DIGIMON ADVENTURE FES. 2016」は、公演の様子が収められたBlu-ray&DVDを2016年12月2日(金)に発売することが決定しています。多くの『デジモン』ファンの想いが込められた公演を、自宅でも楽しめるのは嬉しい限り。残念ながら会場へ足を運ぶことができなかった方も、イベントに参加した方も、ぜひBlu-ray&DVDの発売をお待ちください!

 

 

 

関連情報

 

(C)本郷あきよし・東映アニメーション

2016年8月3日(水)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery