ICカードで改札ピッ!大きな新幹線からステーションへ変形するプラレール「ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ」が登場!!

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品として、子どもが憧れるカードを使った乗車を疑似体験できるプラレール「ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ」が登場! 2021年8月5日(木)から発売されます。

 

※画像はイメージです。プラレール車両、レール、プラキッズは別売りです。

 

本商品は、全長約45センチの大きな「新幹線 N700S」が駅にダイナミック変形し、ICカード遊びができる「乗車カード」を使って「自動券売機」を操作したり、「自動改札機」にタッチしてゲートを通過するなど、リアルな乗車体験を自宅などで楽しめる商品です。

 

新しい生活様式が取り入れられる中、非接触型決済の普及が加速し、ICカードは子どもにとってもより身近な存在となりました。「乗車カード」で“ピッ!”とタッチするICカード遊びは、身近となった非接触型決済を疑似体験できるものとして、お子さんの「やってみたい!」を実現。基本的なレイアウトに組み込めるので、プラレールをはじめたばかりのお子さんにもおすすめです。プラレール各種レールや車両と一緒に遊ぶことができ、さまざまなレイアウトが楽しめます。

※画像はイメージです。ドデカシンカンセン以外のプラレール車両、レール、情景、プラキッズ、トミカ(ミニカー)は別売りです

 

 

新幹線フォームからステーションフォームへ変形!

車体は全長約45センチのビッグサイズで、手転がし遊びもできる「新幹線フォーム」の屋根部分を手前へ倒すと「ステーションフォーム」にダイナミック変形し、自動券売機や自動改札機、ホームが現れます。「ステーションフォーム」のマニュアルモードでは、手動で「停車遊び」と「出発遊び」ができ、変形ボタンを押すとバネによって頭部が跳ね上がります。

▲全長約45センチのビッグサイズ!

 

▲新幹線フォーム

 

▲ステーションフォーム

 

 

非接触でピッ!「乗車カード」でアクションを楽しもう

「ステーションフォーム」では、付属の「乗車カード」を使ってICカード遊びができます。駅でのカードタッチはプラレール初の仕掛けで、自動券売機にタッチすると駅でよく聞くアナウンスが流れ、ゆびで画面を押すと切符購入や座席選択などの疑似体験ができます。

 

オートモードで改札にタッチすると、数秒後に自動で本体の頭部が勢いよく開き、停車中の車両が駅から発車します。実際の駅で流れるようなリアルな音声や電車が自動で発車するなど、まるで本物の駅にいるような感覚で遊ぶことができます。流れる音声は80パターン以上あり、さまざまなシチュエーションを楽しめます。

▲「乗車カード」をタッチして、出発!

 

▲ICカード遊びができる「乗車カード」

 

【プラレール】ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ【うたってみよう♪】(タカラトミー TAKARATOMY)

 

DATA

プラレール「ピッとしてGO!変形ドデカシンカンセンのぞみ」

  • サイズ:約W135×H145×D450mm ※新幹線フォーム時
  • 商品内容:変形ドデカシンカンセンのぞみ本体×1、乗車カード×1、プラキッズスタンド×2、駅背景パネル×2、ロータリーパネル×2、シール×1、取り扱い説明書×1
  • 使用電池:単4形アルカリ乾電池3本使用 ※電池は別売です。
  • 対象年齢:3歳以上
  • 発売元:タカラトミー
  • 価格:8,580円(税込)
  • 2021年8月5日(木)発売予定
  • 販売ルート:全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、プラレール専門店「プラレールショップ」、インターネットショップなど、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」など

 

(C) TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
JR東海承認済

関連情報

 

関連記事

上に戻る