名画をレゴ(R)で三次元に再現!ゴッホの代表的な絵画「星月夜」がレゴ(R) アイデアに登場!

ファンのアイデアが商品化されるレゴ(R) アイデアシリーズより、ゴッホの名画を再現した「レゴ(R) アイデア ゴッホ 「星月夜」」が登場! 2022年6月1日(水)より販売されます。

 

 

本セットは、香港在住のレゴファンであるトルーマン・チェン氏がレゴ アイデア プラットフォームに投稿した作品をもとに、ニューヨーク近代美術館(MoMA)と共同で制作したものです。ゴッホが1889年に描いた名画「星月夜」をレゴ(R) ブロックで三次元に再現しており、ゴッホの印象的な筆致と色遣いに強くこだわっています。

また、ゴッホのミニフィギュアには、絵筆、パレット、イーゼル、そしてタイルに描かれたミニペインティングが付属しており、アームに装着することでゴッホが絵を描いている様子を表現することも可能です。この複雑なセットは、立てて飾ることも、吊り下げ機能を用いて壁に飾ることもできます。

 

 

「星月夜」は、ゴッホが12カ月間滞在したフランスのサン・レミのサンポール・ド・モーゾール修道院の窓からの眺めにインスピレーションを得た作品です。世界で最も有名なポスト印象派作品の1つであり、1935年にMoMAに最初に展示されて以来、来館者の人気を集めています。アートがお好きな方は、絵の具のパレットをレゴ ブロックに持ち替えて、世界で最も有名な傑作の1つを再現してみてはいかがでしょうか。きらめく星や魅惑的な月から眼下に広がるプロヴァンスの村まで、画家の渦巻くような筆致を捉えたことにより、レゴ ブロックでゴッホのイメージが見事によみがえっています!

 

 

アイデア投稿者Truman Cheng(トルーマン・チェン)氏のコメント

原画の外観を捉えるためのトリックやテクニックを考え出すのは、良い頭の体操になりました。月や渦巻く雲は、筆致が様々な方向に向かっているので、張り出しや留め具の要素を工夫して使いました。

 

コンセプト開発エピソード

レゴ ブロックで遊んでいた際に、ブロックをランダムに積み重ねると、ゴッホの象徴的な筆跡のように見えることに気が付き、オリジナルのコンセプトを開発するに至る。

 

レゴグループ グローバルマーケティングヘッド Federico Begher(フェデリコ・ベガー)氏のコメント

「星月夜」の魅力は、全体に使われている表現豊かな筆づかいと鮮やかな色が、より良いものを求める人類の永遠の夢のストーリーを物語っていることです。トルーマンのデザインは、ゴッホの代表的な絵画を再現するために、いかに多くの異なるブロックの要素や技術を使うことができるかを示しており、それ自体が傑作と言えるでしょう。レゴグループは、世界中の人々の創造力を刺激したいと考えています。そのため、MoMAのような象徴的な施設と協力してこのセットを実現し、ファンの皆さんがブロックを使って芸術的になり、自分だけの傑作を作って展示できるようになったことを、とても誇りに感じています。

 

MoMA アソシエイトディレクター Sarah Suzuki(サラ・スズキ)氏のコメント

MoMAでは、芸術と観客を結びつける機会を祝福し、ゴッホの作品を体験する新たな手法に参加すること、そしてあらゆる年齢層の人々の創造的欲求を刺激することにワクワクしています。

 

DATA

レゴ(R) アイデア ゴッホ 「星月夜」

  • サイズ(完成時):幅…約38cm、奥行…約12cm、高さ…約28cm(※ミニフィギュアをディスプレイしていない場合)
  • 製品番号:21333
  • 対象年齢:18歳以上
  • ピース数:2,316個
  • 発売元:レゴジャパン
  • 価格:20,280円
  • 2022年6月1日(水)発売予定
  • 販売ルート:レゴ公式オンラインストア、全国のレゴブランドストアおよびレゴ認定販売店ベネリック レゴストア 楽天市場店、レゴランド・ジャパン・リゾート、レゴランド・ディスカバリー・センター東京、レゴランド・ディスカバリー・センター大阪、MoMA Design Store オンラインストア、MoMA Design Store 表参道・京都・心斎橋、MoMA Design Store at ロフト(銀座、池袋、渋谷、仙台、札幌)

※販売状況により、購入制限が実施される場合があります。
※詳細はMoMA Design Store 各店へお問合せください。

 

レゴ(R) アイデアシリーズについて

レゴ アイデアは、一般の方から商品のアイデアを募集し、一般投票で1万票以上の票を獲得したものを商品化したシリーズです。

 

ニューヨーク近代美術館(MoMA)について

1929年に3人の進歩的な女性によって設立された近代美術館は、世界でも有数の近現代美術の美術館となることを使命としています。MoMAは、近現代美術の活力、複雑性、展開パターンを反映する最高レベルのダイナミックなコレクションの構築、保存、記録、比類のない重要性を持つ展覧会や教育プログラムの開催、国際的な研究センターとして認識されている図書館、アーカイブ、保存研究室の維持、傑出した知的価値のある奨学金や出版の支援によって、この責任を明示しています。MoMAの重要なミッションは、地域、国内、海外の多様な観客に、近現代美術への理解を深めてもらい、楽しんでもらうことにあります。

 

関連情報

 

関連記事

上に戻る