圧倒的存在感!threezero最新フィギュアが集結した展示イベントをレポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

圧倒的存在感! クールでアーティスティックなフィギュアが集結したthreezero展示イベントをレポート!

zero01 zero02

香港を拠点に、ハイディテールな造形に緻密な塗装を施したフル可動フィギュアを製造・販売するトイ・メーカー「threezero(スリーゼロ) 」。ワールドワイドで熱い注目を集める同メーカーの展示会が、現在、東京都の「中野ブロードウェイ」にあるギャラリー「pixiv Zingaro」にて 開催中です。

 

threezero(スリーゼロ)は、1/6スケール・フィギュアやデザイナー・ビニール・コレクティブルズのシーンで10年以上活動を続け、世界中の アーティストや企業とコラボレ―ションを展開する、香港を拠点とするトイ・メーカー。マイケル・ラウ(Michael Lau)、ジェイソン・シウ(Jason Siu)、エルフォンソ・ラム(Elphonso Lam)といったデザイナーの個性を押し出 した作風で人気を集めています。近年はオリジナル作品のみならず、複数の他社ライセンス作品とのコラボレーションに積極的に取り組み、多くの高品質なフル可動トイを世に 送り出しています。

 

本イベントではマジンガーZなど、日本のキャラクターとのコラボレーション作品を中心に展示しています。これからの新作として、漫画 『ULTRAMAN』の1/6スケール・ウルトラマンスーツの試作、また、最もホットなトピックとして初披露となる彩色版の1/12スケール・スコープ ドッグ試作も用意されています。

 

st01 st02 st03 st04 st05

スコープドッグ

 

1/12スケール・スコープドッグは、発表と共に大きな反響を集めたアイテムです。こちらはthreezeroストア限定用としてヘビーウェザリング版が、そして一般流通用としてウェザリングが控えめとなる通常塗装版がリリース予定とのことで、今回の展示では、ヘビーウェザリング版が用意されました。機体ナンバーのデカールはアストラギウス文字で「スリーゼロ」となっているスペシャル仕様! また並べられた同スケールサイズとなるAT乗り(パイロット)は搭乗可能で、耐圧服は布性で作られているとのこと。質感がスゴいリアルです!

 

なお展示会は7月5日(火)までの残りわずかの開催日程となります。高さ30cmオーバーとなる大サイズのthreezeroフィギュアが放つ圧倒的存在感をぜひ体感してください! 会場ではthreezeroの商品も販売中! さらに7月2日(土)、7月3日(日)はthreezeroの兄弟会社である「threeA/3A」より過去にリリースされた限定商品の販売を予定しています。こちらもチェックを!!

 

※会場販売品、在庫状況は「pixiv Zingaro」の商品ページをご参照ください。

http://pixiv-zingaro.jp/catalog/threezero

※いずれも在庫数に限りがございますのでご注意ください。

※上記商品ページのアイテム詳細にございます通り、土日限定のthreeA商品はお1人様2個までとなります。

 

zero03a

マジンガーZ

 

zero03b

アフロダイA

 

zero04

ゲッター1

 

zero05

ブラックゲッター

 

zero03c1 zero03c2一部の展示フィギュアはこのようにベースとなった設定画や開発スケッチが添えられており、形になるまでのイメージの変遷等が伝わってくる興味深い内容となっています。

 

zero06

フルメタルゴースト

 

zero07

フルメタルゴースト キャプテンフォーム

 

zero08

シャドウブレード

 

zero09

メカニックデザイナー大河原邦男氏がデザインし、バンダイとのコラボレーションで展開している「B/3 重甲侍鬼(フルメタルゴースト)」シリーズ。和のテイストが色濃く投影されたスタイルが光る!

 

zero10

ガッツ(黒い戦士)

 

zero11

骸骨の騎士

 

『ベルセルク』より。精緻な造形とボリューム感、質感豊かなペイント等で存在感の強い仕上がりのフィギュアとなっています。

 

 

zero12

ウルトラマンスーツ

漫画『ULTRAMAN』よりウルトラマンスーツ。まだ試作原型で可動が仕込まれていないものの、商品はフル可動となる予定。頭部はヘルメットと進次郎ヘッドの差し替え式で、進次郎ヘッドの原型は大山竜氏が担当しています。

(※ULTRAMANのフィギュアは、(株)ケンエレファントからの販売・流通となります)

 

zero13

ストライダー

 

zero14

M-COR オーガ

 

zero15

会場のセンターにはマルチプレイFPS『タイタンフォール』等、ゲームキャラクターのアイテム群を展示。パイロットと共に1/12スケールで立体化された各種モデルは、その大きさと共に目を引く存在感を放っています!

 

DATA

threezero展示会Japan | 2016.06.23 – 07.05

  • 開催期間:6月23日(木)~7月5日(火)※水曜定休日
  • 時間:12:00~19:00
  • 会場:中野ブロードウェイ 2F「pixiv Zingaro」
  • 住所:東京都中野区中野5-52-15
  • 入場無料
    企画:threezero・pixiv
    運営:Kaikai Kiki
    協力:株式会社グッドスマイルカンパニー

 

関連情報

 

(C)サンライズ (C)永井豪/ダイナミック企画 (C)Kunio Okawara(C)BANDAI 2014(C)threezero2014 All Rights Reserved. (C)三浦健太郎(スタジオ我画)・白泉社 (C)円谷プロ (C)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (C)2015 Respawn Entertainment, LLC. Titanfall is a trademark of RespawnEntertainment, LLC. EA and the EA logo are trademarks of ElectronicArts Inc. (C)2016 Respawn Entertainment, LLC. Titanfall is a trademark of RespawnEntertainment, LLC. EA and the EA logo are trademarks of ElectronicArts Inc.


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery