鉄(くろがね)の城・マジンガーZがアート・ストーム「ES合金DX」に登場!プレイバリュー満載のその真価を見よ!

更新日:2016年7月26日 11:17
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

デフォルメ体型のロボをフル可動モデルとして立体化するアート・ストーム社の「ES合金DX」シリーズに、元祖スーパーロボット・マジンガーZが登場! しかも2009年に放送されたTVアニメ『真マジンガー 衝撃!Z編』と、「東映アニメ」版の2種類が発売されます。まずは先行して発売される『衝撃!Z編』版の姿をご覧ください!

 

DXM1

 

同社から以前に発売されていたマジンガーZよりサイズアップして登場。

 

DXM6顔に赤い隈取りラインが入っているのが『衝撃!Z編』版の特徴。また胴体の白い部分が渋い銀色となっています。

 

DXM3全身の関節が可動し、アクションポーズを取れます。特に太モモは前後分割された装甲がスライドし、ヒザを曲げる時に可動範囲を確保する特殊機構を内蔵。可動性能と見た目の両立を目指しています。

 

DXM8エフェクトパーツが付属し、ロケットパンチの射出状態も再現可能。鋼鉄の拳が悪を貫く!

 

DXM9外部装甲は着脱可能! 装甲を取り外して内部メカが露出したメカニックモデルとして楽しむこともできます。

 

DXM10発光ギミック内蔵! 目とブレストファイアー、そしてロケットパンチエフェクトが電池で発光します。電池は別売りです。

 

 

DATA

ES合金DXマジンガーZ
「真マジンガー 衝撃!Z編」版

  • ABS、PVC、ダイキャスト製塗装済み完成品
  • サイズ:全高約15センチ
  • 2016年10月発売予定
  • 予価:15,800円(税別)
  • 発売元:アート・ストーム
  • 付属品:マジンガーZ本体、ホバーパイルダー、外部アーマー一式、ロケットパンチエフェクト、持ち手、平手、ジェットスクランダー

※実際の製品は仕様が異なる場合があります。

 

 

 

 

元祖TVアニメ版も出撃準備中!

『衝撃!Z編』版と同じくES合金にて、最初のテレビアニメ版も「東映アニメ版」として発売決定! ここではその開発用のCG画像でその姿をご覧いただきましょう。

 

マジンガーZ東映アニメ版CG胸部ボディや胸のプレート、ベルトなど、『衝撃!Z編』版と異なる形状を再現。またアイアンカッターやドリルミサイルなど「東映アニメ版」ならではの武器も付属する予定です。

 

 

DATA

ES合金DXマジンガーZ(東映アニメ版)

  • ABS、PVC、ダイキャスト製塗装済み完成品
  • サイズ:全高約15センチ
  • 2016年12月発売予定
  • 予価:16,800円(税別)
  • 発売元:アート・ストーム
  • 付属品:マジンガーZ本体、ホバーパイルダー、外部アーマー一式、ロケットパンチエフェクト、持ち手、平手、アイアンカッター、ミサイルパンチ、ドリルミサイル、ジェットスクランダー

※実際の製品は仕様が異なる場合がございます。

 

関連情報

 

 

(C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋 (C)ダイナミック企画・東映アニメーション


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery