初の「攻殻」フル3DCGアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』が2020年にNetflixで全世界配信決定!神山健治氏、荒牧伸志氏のダブル監督作品

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

これまでさまざまな作品で、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。その最新作となる『攻殻機動隊 SAC_2045』が、20220年にNetflixにて全世界独占配信されることが決定しました!

 

1208imagevisual_WEB

 

『攻殻機動隊 SAC_2045』ではダブル監督システムを採用。『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』シリーズの神山健治氏、そして『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志氏両名を監督に迎え、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとして、新たに生まれ変わります!

 

さらに、これまですべての「攻殻機動隊」アニメーション作品群を制作してきたProduction I.Gと、荒牧伸志監督と共に数々のフル3DCGアニメーション作品を制作してきたSOLA DIGITAL ARTSが完全タッグを組み、これもまた「攻殻」史上初となる共同制作スタイルとなります。

 

DATA

『攻殻機動隊 SAC_2045』

  • 原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社KCデラックス刊)
  • 監督:神山健治×荒牧伸志
  • 制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS
  • 配信:Netflixにて2020年全世界独占

※ Netflixでの配信は中国本土を除きます。

 

●「攻殻機動隊」シリーズについて

1989年に『ヤングマガジン増刊海賊版』(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表。連載開始以来、1995年の劇場版『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(押井守監督)、2002年より放送開始されたTVアニメ『攻殻機動隊STANDALONE COMPLEX』(神山健治監督)、2013年より劇場上映された『攻殻機動隊ARISE』(黄瀬和哉総監督)、そして2017年に全世界で劇場公開されたハリウッド実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(ルパート・サンダース監督)と、さまざまな作品群を展開しています。

 

●Production I.G(プロダクション・アイジー)について

1987年に創立されてから、高く評価される劇場作品とアニメシリーズを制作。1993年の劇場作品『機動警察パトレイバー2 the Movie』、1995年の劇場作品『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』をはじめ、押井守監督のアニメ作品制作を精力的に手掛け国際的に名を上げ、2003年にはクエンティン・タランティーノ監督のヒット作『キル・ビルVol.1』のアニメシークエンスを制作。ほかに、『PSYCHOPASS サイコパス』シリーズ制作、アニメ『進撃の巨人』シリーズ製作などでも知られています。Netflixオリジナルアニメシリーズ『B: The Beginning』が全世界的に好評を博し、シーズン2の制作が決定しています。またSOLA DIGITAL ARTSと共同制作となる同シリーズ『ULTRAMAN』の配信が2019年4月1日に控えています。

 

●SOLA DIGITAL ARTSについて

2010年創業。最先端の技術と豊富な経験を持ったメンバーが、グローバルマーケット向けの作品を企画から制作まで行うクリエイター集団。「SOLA」という言葉は、ラテン語で“ONLY”、“唯一”という意味を持ちます。SF小説の巨匠ロバート・A・ハインラインの傑作『宇宙の戦士』の映画化シリーズ『スターシップ・トゥルーパーズ:インベイジョン』『スターシップ・トゥルーパーズレッドプラネット』の制作をはじめ、士郎正宗(『攻殻機動隊』の原作者)の原作を映画化した『アップルシードアルファ』など、世界的に評価を受けている日本発の3DCGアニメーション作品を制作してきました。Production I.Gと共同制作したNetflixオリジナルアニメシリーズ『ULTRAMAN』の配信を2019年4月1日に控えています。

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery