『スーパーロボット大戦』シリーズ生誕30周年を記念してHGシリーズでプラモデルとなった「魔装機神サイバスター」をレビュー!【電撃スパロボNo.176】

1991年4月に任天堂ゲームボーイ用ソフトとして産声を上げた『スーパーロボット大戦』。テレビアニメの世界で熱き戦いを繰り広げてきたマジンガーZやゲッターロボ、そしてガンダムといったスーパーロボット達が、作品の垣根を越えて共闘するという、ロボットアニメファンなら誰もが夢見た光景を現実にした『スーパーロボット大戦』は、発売と同時に大きな反響を呼んだ。そしてシリーズを重ねるごとにその世界観やゲームシステムは進化を重ねグレードアップ。さらに新作の参戦作品発表や、原作の魅力にこだわりぬいた戦闘アニメーションが公開されるたびに、ゲームショップ前のデモ映像に多くの人が群がる様子が風物詩として定着。ゲームとロボットアニメ好きにとって無くてはならない存在となっていったのだ。

 

※2021年2月2日:本文に誤記があったため修正しました。申し訳ございませんでした。

 

そんな『スーパーロボット大戦』シリーズも今年でいよいよ生誕30周年。それを記念して、多彩なスーパーロボット達と共闘してきたゲームオリジナル機体が、BANDAI SPIRITSより待望のプラモデル化! その第一弾となるのが、1991年12月発売の『第2次スーパーロボット大戦』に登場して以来シリーズの歴史とともに歩んできた「魔装機神サイバスター」だ。

 

 

 

 

地球内部の空洞に存在する異世界ラ・ギアス。そこに存在する神聖ラングラン王国が魔術と錬金学の粋が結集して建造した機動兵器「魔装機神」。その一機であるサイバスターは、風の高位精霊サイフィスと契約を交わしたことで得た比類無き高機動性を有し、神鳥ディシュナスの如き巡行形態・サイバードへ変形しての高速・長距離移動も可能。そしてラ・ギアスと地上世界を繋ぐゲートを開く能力によって、『スーパーロボット大戦』シリーズで繰り広げられた様々な戦いに参戦してきた。

 

ゲーム内でも高い移動力とあらゆる距離をカバーする戦闘力の高さを発揮し、MAP兵器「サイフラッシュ」と運動性能を活かしての切り込み役から高火力の必殺技「アカシックバスター」「コスモノヴァ」を駆使してのボスキャラ戦の切り札まであらゆる局面で大活躍。頼れるユニットとして30年に渡ってファンから愛されてきたスーパーロボットなのだ。

 

プラモデルでは、そんなサイバスターのスーパーロボットならではの迫力とファンタジーな世界観を併せ持った、西洋甲冑を思わせる優美な曲面主体のなめらかなフォルムとシャープなディテールを余すところなく再現。特に特徴的な六枚羽の背面スラスターは、内側にもディテールが施された精密な仕上がりとなっているのだ。

 

 

 

 

そんなフォルムを崩すことなく力強く流麗なポージングを楽しめ、さらにはサイバードへの変形も両立させるために関節機構にも工夫が盛り込まれている。特にポーズやメインウェポンの剣・ディスカッターを構える要となる肘関節は、軸関節とボールジョイントを併用した二重関節を採用。ディテールと干渉することなく腕を折りたためる可動域となっている。動かしにくいデザインになっている首や腰も、見た目を崩さずにしっかり可動するように仕上がっているので、サイバスターらしい多彩な剣撃ポージングを楽しむことが可能だ。

 

 

 

 

 

 

▲手が肩に付くぐらいまでに折りたためる肘関節の広い可動域なので、コスモノヴァやアカシックバスターを放つ前の溜めのポージングなども問題なく決められる。

 

 

 

 

 

▲ボールジョイント式の二重関節はディスカッターを持たせてもしっかりとホールド可能。拳を握りながらの力強い構えなども滑らかなラインで決まってくれる。

もうひとつの注目ポイントはパーツ分割だ。組み立てやすいパーツ数ながらもカラーリングごとの分割に徹底的にこだわり、頭部の角や膝など各部の色をパーツ単位で再現。本体のメイン部分はブルーメタリック、目や胴体のグリーン部分のパーツにはクリスタルを思わせるクリアグリーン、ディスカッターの刀身はシルバーで成形されているので、ファンタジーテイストの美しさを組み立てるだけで堪能できるのだ。

 

 

 

空を駆けながら戦うサイバスターのイメージのままに飾ることのできるディスプレイベースも付属し、サイバードに変形させた状態でもディスプレイ可能。そしてたった3パーツで独特のディテールを再現した遠隔操作兵器・ハイファミリア用のベースも付いているので、ゲームで遊びながら思い浮かべたサイバスターの勇姿を眺めて楽しむにはもってこいの内容となっている。

 

 

今後の展開にも期待が膨らむ『スーパーロボット大戦』プラモデルシリーズの第一弾としては、期待以上の仕上がりとなっている魔装機神サイバスター。ゲームは遊んでいるけどプラモは不慣れというビギナーにも優しい仕上がりとなっているので、ぜひ手に取って30年分の歴史を堪能しながら組み立ててほしい。

 

DATA

HG スーパーロボット大戦 魔装機神サイバスター

  • 付属品:ディスカッター×1、ハイファミリア×2、ハンドパーツ×一式、ハイファミリア用台座×2、本体用台座×1
  • 発売元:BANDAI SPIRITS
  • 価格:4,400円(税込)
  • 2021年6月発売予定

 

(C)SRWOG PROJECT

関連情報

 

関連記事

上に戻る