【『艦これ』ホビーよもやま話】第1回「艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.VI 【雪】」

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

まもなくサービスイン八周年を迎える『艦隊これくしょん -艦これ-』。2017年のエイプリルフール当日に発表された、原寸大1/1多用途水上機「瑞雲」を実際に製作してしまって「鎮守府瑞雲祭り」が開催されたり、秋の味覚を楽しめる「鎮守府秋刀魚祭り」が開催されたり、秋刀魚が不漁なら鰻がある! とばかりに「鎮守府鰻祭り」が開催されるなど、祭りだけでも様々なバリエーションがあり、さらに公式ライブイベント「『艦これ』観艦式」をはじめ、クラシックスタイルオーケストラの全国+台湾ツアー、ピアノリサイタルにJAZZコンサート、世界観や物語を落とし込んだアイスショーに深海サーカス、そして近年では鎮守府カレー専門店を超え様々な美味しさに挑戦する「カレー機関」、さらに日本海軍の拠点である鎮守府があった佐世保エリアや呉エリアでの美味しい食べ物なども複合したイベントなど、開発/運営のC2機関ならではの独特な味のある企画が実現・展開されています。

 

筆者も原寸大1/1「瑞雲」の話を聞いたときは「はは、またまたご冗談を大真面目に(笑)」という気持ちだったのですが、イベントに行ってその存在を目の当たりにしてみると、そこにある質量の説得力に圧倒され、また「鎮守府秋刀魚祭り」は提督が集まってのお祭りかと思いきや、横浜 みなとみらい 臨港パークで開催されたということもあり、公園に遊びに来ていた家族連れの方も焼き秋刀魚や、つみれ汁を食べつつ、屋台や艦娘音頭を見て楽しんでいる姿を見て、ブラウザゲームという枠にとどまらず、すでに『艦これ』というひとつのジャンルにもなっているのではないかと感じました。

 

ここではそんな『艦隊これくしょん -艦これ-』のグッズやアイテムを、『艦これ』ホビーよもやま話としてピックアップして紹介してみようと思います。第1回は、2021年4月7日(火)に発売となった、原作ゲームのオリジナルBGMを収録したサウンドトラック第6弾となる「艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.VI【雪】」です。

『艦これ』の「Original Sound Track」シリーズは、「暁」「風」「雲」「雨」「波」とシリーズ5作が発売されており、ゲーム中でのBGMが収録されています。

 

 

第1弾となる「暁」は、2014年4月までにゲームへ実装された曲が収録され、「母港」や「工廠」などの鎮守府で耳にする馴染みのある曲や、これまた出撃中に最も聞くであろう「昼戦(砲雷撃戦、始め!)」などに加え、「決戦!鉄底海峡を抜けて」のように期間限定海域の敵主力艦隊との決戦で流れる曲など、聞いた瞬間に当時の戦闘の記憶がよみがえる数々の名曲が収録されています。

 

筆者は横須賀鎮守府所属で、最も古い着任艦が大井ということもあり、2013年の春以来「母港」や「工廠」は、親の声より聞いているかもしれない曲とも言え、非常に馴染み深いラインナップとなっています。

▲艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.I 【暁】Remaster edition

 

 

第2弾「風」以降のサウンドトラックシリーズも『艦これ』の歩みとともに生まれた曲が収録されており、第5弾の「波」には、2017年夏のイベントの曲や「艦娘音頭」まで収録されているため、順番に聞くだけで当時のイベントに挑んだ記憶を呼び起こす鍵になってくれます。

▲艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.II 【風】Remaster edition

▲艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.III 【雲】Remaster edition

▲艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.IV 【雨】

▲艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.V 【波】

 

そして今回発売となった第6弾の「雪」には、以下の曲が収録されています。

 

  • Tr.01 捷号決戦前夜
  • Tr.02 捷一号作戦
  • Tr.03 激戦! 遊撃部隊
  • Tr.04 海峡へ
  • Tr.05 西村艦隊の戦い
  • Tr.06 祈り
  • Tr.07 決戦前夜
  • Tr.08 第一遊撃部隊の進撃
  • Tr.09 レイテ沖海戦
  • Tr.10 シブヤン海を抜けて
  • Tr.11 友軍艦隊! 反撃開始
  • Tr.12 鶴墜ちる海
  • Tr.13 我は翼なき囮にあらず
  • Tr.14 月夜海(Inst.)
  • Tr.15 時雨の記憶

 

  • Tr.16 試製 佐世保の時雨(Inst.)
  • Tr.17 鎮守府秋刀魚祭り改二

 

  • Tr.18 南西海域の午後
  • Tr.19 西方打通作戦
  • Tr.20 連合艦隊、再び西へ
  • Tr.21 ジェノヴァの風
  • Tr.22 新ライン演習作戦
  • Tr.23 決戦! 北大西洋

 

  • Tr.24 北東方面艦隊の集結
  • Tr.25 第五艦隊の奮戦
  • Tr.26 北方艦隊決戦
  • Tr.27 士魂の反撃

 

あえて区切ったトラックと曲名でお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、今回のTr.01~15は、2017年秋イベント、2018年冬イベントとして開催された「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)(後篇)」が、Tr.18~23は2018年初秋イベントの「抜錨!連合艦隊、西へ!」、そしてTr.24~27は2017年春イベントの「出撃!北東方面 第五艦隊」がテーマとなっています。

「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦」は、第二遊撃部隊による敵情偵察に始まり、レイテ方面に侵攻する敵艦隊迎撃のために発動される捷一号作戦。そしてあの海峡を超えるべく繰り広げられる西村艦隊の戦い。西村艦隊が切り拓く可能性を信じて進撃する栗田艦隊。作戦を成就させるために敵主力機動部隊を北方へと誘引する小沢艦隊。艦娘たちが挑んだ戦い、そしてifを超えた結末。すべての戦いの後で流れる「月夜海」。

 

曲を再生リストに沿って聞いているだけなのに、前段作戦での西村艦隊で何としても海峡を突破しようと奮闘する山城改二の「邪魔だ! どけえぇぇっ!」の声が聞こえたかのように錯覚したり、後篇のエンガノ岬沖での作戦説明にある「これは翼なき空母の囮部隊にあらず! 機動部隊「小沢艦隊」、全力出撃!」の部分を思い出して少し涙腺が刺激されたりと、まるでオペラのように頭の中で物語が紡がれ、熱い想いが湧きあがりました。

 

箸休め的に挟まれるTr.16「試製 佐世保の時雨(Inst.)」Tr.17「鎮守府秋刀魚祭り改二」を経て、欧州作戦方面の救援に向かうTr.18からの「抜錨!連合艦隊、西へ!」でのライン演習艦隊とForce Hの共同作戦、Tr.24からの「出撃!北東方面 第五艦隊」での第五艦隊の奮闘も胸熱な展開です。

 

「雪」の描きおろしビジュアルは、第十一駆逐隊の吹雪、白雪、初雪とともに「雪」の名を冠する吹雪型駆逐艦4番艦の深雪。「艦これ」の原作であり開発/運営を務めるC2機関が、ある意味で「艦これ」の特異点でもあるという存在の彼女。むしろ快活な印象のある彼女が、雪舞う海上でヘッドフォンに耳を傾け微笑む姿は何を想っているのでしょうか。

▲艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.6【雪】の描き下ろしキービジュアルは、特I型駆逐艦「深雪」。

 

ゲーム中で聞けるBGMがリマスターされて効果音なしで聞けるというのもサウンドトラックの魅力。実際にゲームをプレイされている提督の記憶を呼び起こしてくれることは間違いないのですが、テンションを上げたいときの作業曲としてもおすすめできる内容になっています。

 

DATA

艦隊これくしょん -艦これ- KanColle Original Sound Track vol.6【雪】

  • 発売・販売元:角川アーキテクチャ
  • 価格:3,300円(税込)
  • 2021年4月7日(水)発売

 

 

関連情報

 

(C)2021 DMM / C2 / KADOKAWA


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery