【撮り下ろしレビュー】今度は艦橋だ!『機動戦士ガンダムSEED』の名シーン再現から自由なディスプレイまで!「RMS アークエンジェル艦橋」を遊び倒す!

そのアイテムチョイスと、圧倒的なボリューム&ギミックで世間に衝撃をもたらした「Realistic Model Series 機動戦士ガンダムSEED 1/144 HGシリーズ用 アークエンジェル カタパルトデッキ」の発売から約1年、今度は手軽にHGガンプラと組み合わせて世界観が楽しめるアークエンジェルの艦橋部分が同スケールで登場!

現在プレミアムバンダイで予約受付中の「Realistic Model Series 機動戦士ガンダムSEED(1/144HGシリーズ用) Gストラクチャー【GS04】アークエンジェル艦橋」を、本稿では撮り下ろし写真で徹底レビューしていきます! カタパルトデッキと並べた写真や、ガンプラと組み合わせての名シーン再現、さらには妄想全開の自由なディスプレイなど、いろいろ試して本アイテムを遊び倒していきますよ!

 

 

まずは製品の全景をチェック!

▲まずは全体の形状から見ていきましょう。あらかじめシャドウの効いた重厚感のある塗装がほどこされており、パーツを組み立てるだけでハイクオリティな艦橋が完成します。カッコいい!

 

▲少し上に上がった角度から。今回の艦橋には発光や可動といったギミックはなく、純粋なスタチューとなっています。

 

▲少し下から。戦艦らしい迫力が感じられるアングルです。

 

▲後方から。アンテナ類などは非常にシャープな造形。

 

▲「ヘルダート」搭載部分も細やかなディテールで再現されていますね。

 

▲正面から。両サイドのイエローがアクセントカラーになっています。

 

▲真横。アニメなどで見ることも多いアングルです。

 

▲そして真後ろ。まじまじと艦橋の立体を観察する機会はなかなかないだけに、非常に新鮮です!

 

各部をアップで見ていこう!

▲メインブリッジの窓部分、センサー部分も精密に再現。鮮やかなイエローやグリーンがいいアクセントになっています。

 

▲下から覗き込んだときに見えるディテールも秀逸。

 

▲両サイドのアンテナは別パーツで成形されています。ということはドミニオンもいける……?

 

▲天面部分は情報量も多く、眺めていて楽しい箇所です。

 

▲各所に施されたマーキングは、付属の水転写式マーキングデカールを貼ることで再現できます。

 

▲細やかなディテールが集中しているリア部分。

 

▲そして本アイテムには伸長用アタッチメントが4脚付属。

 

▲底面にとりつけることで、艦橋の高さを変えることができます。写真をとるときに便利!

 

▲さらに、一緒にディスプレイするプラモデル用に、3ミリ軸の支柱スタンドが付属。写真右のアームを使って高さを調整することもできます。

 

カタパルトデッキと並べる!

▲それではみなさん気になっていたであろう、別売りの「Realistic Model Series 機動戦士ガンダムSEED 1/144 HGシリーズ用 アークエンジェル カタパルトデッキ」」との並びカットを見ていきましょう。

 

▲HGシリーズとしては相当なボリュームを誇る「HG 1/144 ミーティアユニット」と並べて。艦橋とカタパルトデッキの大きさが伝わるでしょうか。

 

▲少し寄るとより臨場感のあるカットに。う~ん、やはりカタパルトデッキがふたつ欲しい!(笑)

 

▲カタパルトデッキを開いての1枚。下からあおったカットも絵になります!

 

ガンプラと組み合わせて劇中シーンを再現してみよう!

▲やはりHGサイズのガンプラと組み合わせるのがこのアイテム王道の楽しみ!ということで、さまざまな機体を使って劇中シーンを再現してみましょう。やはりアークエンジェル艦橋といえばやらなきゃいけないシーンが2つあるよね!ってことでまずは「舞い降りる剣」の名シーンから。

 

▲そしてムウによる「不可能を可能に……」のシーン! やはりこの2つのシーンをやらないことにははじまりません!

 

▲さらにストライクVSデュエルの死闘や……。

 

▲アークエンジェルに接近するプロヴィデンスガンダム!

 

▲「砂塵の果て」でのカガリのスカイグラスパーをイメージして。市販のジオラマシートを背景紙に使ってみました。

 

▲市販のエフェクトパーツと組み合わせれば、躍動感のある写真に。アークエンジェルがオーブを脱出するシーンをイメージしての1枚。

 

▲アークエンジェルとランデブー飛行するストライク。

 

▲そしてやけに印象に残る、カタパルト上のM1アストレイ2機! さまざまなガンプラと組み合わせて、いろいろなシーンを再現してみましょう!

 

もちろん劇中シーン再現以外にも!

▲自由な発想で好きなアイテムと並べられるのも、トイならではの楽しみ方です! 「HGBF 1/144 ミセス.ローエングリン子」との夢のツーショットなんてディスプレイはいかがでしょう。

 

▲もちろんガンプラ以外と組み合わせて遊んでもOK!

 

▲こんな夢のツーショットを楽しめるのもトイならではですね! いろいろなアイデアで遊んじゃいましょう!

 

これにて「Realistic Model Series 機動戦士ガンダムSEED(1/144HGシリーズ用) Gストラクチャー【GS04】アークエンジェル艦橋」の撮り下ろしレビューは終了です。そのまま飾るもよし、いろいろなアイテムと組み合わせるもよし、写真を撮る際にプロップとして使用してもよし……。もちろん改良したり、そのほかの部分を作ってしまうのもアリかもしれません! 自由なアイデアで本アイテムをぜひ遊び倒してくださいね!

 

DATA

Realistic Model Series 機動戦士ガンダムSEED(1/144HGシリーズ用)
Gストラクチャー【GS04】アークエンジェル艦橋

  • PS製塗装済半完成組立キット
  • サイズ:約本体H225×W350×D330mm(伸長用アタッチメント使用時約H360mm)
  • セット内容:GS04本体・伸長用アタッチメント(×4脚)、プラモデル用支柱スタンド、専用ミニ・マーキングデカール(水転写)
  • 発売元:メガハウス
  • 価格:13,200円(税込/送料別)
  • 2022年10月下旬発売予定

※本アイテムは、プレミアムバンダイ、ボークス、イエローサブマリン(一部店舗を除く)限定販売品です。
※「Realistic Model Series 機動戦士ガンダムSEED(1/144HGシリーズ用) Gストラクチャー【GS04】アークエンジェル艦橋」には、本記事で使用したMSやエフェクトパーツは付属しません。

 

(C)創通・サンライズ

関連情報

 

関連記事

上に戻る