ガンプラで見る『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』(その13)HGUC 1/144 ローゼン・ズール

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 

GUCTV_20160221_01

 

 

本コーナーでは、日曜朝7時よりテレビ朝日系にて放送されている『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』に登場したモビルスーツを、電撃ホビーマガジンやその別冊に収録された作例記事にて紹介します!

 

 

 

GUCTV_20160221_02

 

フル・フロンタルを熱狂的に信奉する袖付きのアンジェロ・ザウパー。彼がギラ・ズールに代わり新しく手に入れたのが、このローゼン・ズールです。異色の機体ハンマ・ハンマを彷彿とさせるシルエットに加え、ゼネラル・レビルのMS部隊との戦いで見せつけた圧倒的な戦闘力も魅力でした。今回は、第14代ガンプラ王 本庄聖が製作した作例をご紹介します。

 

 

HGUC 1/144 ローゼン・ズール

hguc_rozen_zulu_PAC_

かつてアクシズのネオ・ジオンで運用されたAMX‐103ハンマ・ハンマのコンセプトを昇華させ、AMS-129ギラ・ズールをベースに開発された試作MS。3連メガ粒子砲を内蔵した両腕は「インコム」と呼ばれる準サイコミュ兵装となっており、本体から分離して、有線式での遠隔操作が可能。

 

 

美しき凶器

036-039_迚ケ謦ョ

 

036-039_001

▲作例前面。

 

036-039_002

▲作例背面。

 

036-039_006

▲キット素組み(写真右)との比較。作例はディテールが増えているものの、プロポーションは一切変わっていないのが分かる。

 

皆様こんにちは。前回の「バイアラン・カスタム」に引き続き、UC系のMSの作例を担当させていただきました。

 

頭部両サイドの花びら状の装甲は中央で分割されているので、合わせ目処理をして接続ピンを切り取り後ハメ加工。塗装後に接着しています。また、モノアイが造形されていなかったので、中央のダボを軸としてプラパイプでモノアイレールを新造。少し緩めに調整すれば後々モノアイの可動も可能です。

 

▲キット巣組の頭部。

▲キット巣組の頭部。

 

▲作例の頭部。後ハメ加工を施したほか、モノアイレールをプラパイプで新造。モノアイは市販のクリアーパーツを使って再現しています。

▲作例の頭部。後ハメ加工を施したほか、モノアイレールをプラパイプで新造。モノアイは市販のクリアーパーツを使って再現しています。

 

▲頭部の工作途中写真です。

▲頭部の工作途中写真です。

 

胴体は胸元の丸いモールドが甘くなっているので、一度削り落としてからプラパイプの輪切りを貼り付けメリハリを付けました。

 

SONY DSC

▲上半身は丸いモールドを一度削り落として、プラパイプの輪切りを接着してより立体的に。

 

それ以外は大きな改修はせず、エッジを落とさぬよう気を付けて表面処理。腰部については装甲裏側にプラ材でディテールを追加、表側は丸いモールドを胸元と同様に加工。さらにモールドラインをいくつか彫り込んで面の情報量を増やしました。

 

036-039_019

▲腰アーマーの裏側もシールド同様にプラ材でディテールを追加しています。

 

▲腰アーマー製作途中写真。

▲腰アーマー製作途中写真。

 

 

下半身はスジ彫りを加え、スラスター、ダクト部にプラ材でディテールアップしたのみ。またスソの部分は薄く削り込みシャープな印象に変更。これはスネの装甲のみならず、背部などでも行っています。

 

肩の付け根部分のパーツは肩側のダボ受けをC状にカットして後ハメ加工。また、腰部の装甲と同じように裏側はプラ材にてディテールアップ。肩のスラスターは丸状のものから四角のスラスターへ変更しました。

 

SONY DSC

▲肩関節パーツは肉抜き穴をプラ板で埋めています。

 

036-039_013

▲肉抜き穴を処理した肩関節。

 

バックパックはダクト部にスリット入りプラ板でディテールを追加し、装甲のフチとなる部分はスネと同じように薄く整形。プロペラント・タンクは途中で切断し、ひとまわり細いプラパイプで延長。オレンジのラインはハセガワのフィニッシュシリーズを使用。先日発売された蓄光フィニッシュをフクラハギの部分と肩の部分にも使用し、暗闇でぼんやりと発光するようにし、フォーメーションライトのイメージで製作しました。

 

▲プロペラント・タンクは、中央で一度切断して細いプラパイプで延長、アクセントとしています。

▲プロペラント・タンクは、中央で一度切断して細いプラパイプで延長、アクセントとしています。

 

▲シールドは裏側をモールドを入れたプラ材で塞いでディテールアップ。

▲シールドは裏側をモールドを入れたプラ材で塞いでディテールアップ。

 

塗装

袖や胸元のエングレービング部は一度白のラッカー塗料で塗装後、調色したエナメル塗料を吹き付けて乾燥後にエナメル溶剤で白になる部分を拭き取っています。複雑なマスキング作業を省略でき、マスキングよりも綺麗に仕上がるのでオススメです! 肩や脚部の白いライン部に関してはマスキングで処理しました。

 

COLORING DATA

紫…CR2番・色ノ源マゼンタ:50%+34番・スカイブルー:20%+80番・コバルトブルー:20%+GX3番・ハーマンレッド:10%
ピンク…63番・ピンク:40%+GX3番・ハーマンレッド:40%+CR2番・色ノ源マゼンタ:10%+CR1番・色ノ源シアン:10%
ダークグレー…14番・ネービーブルー:30%+71番・ミッドナイトブルー:30%+CR2番・色ノ源マゼンタ:30%+CR1番・色ノ源シアン:10%
黄土色…59番・オレンジ:40%+13番・ニュートラルグレー:30%+GX4番・キアライエロー:20%+2番・ブラック:10%

※すべてGSIクレオスの「Mr.カラー」「Mr.カラーGX」「色ノ源」

 

DATA

HGUC 1/144 ローゼン・ズール

  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売中
  • 価格:3,024円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • bppz201902_02_SAOCR_ec
  • bppz201902_01_SAOCR_EC
  • kotobukiya_leaf&Squirtle_main
  • bppz201902_07_FateEXLE_ec
  • bppz201902_06_MikuRacing_ec
  • bppz201902_04_SWDarthVader_ec
  • bppz201902_03_madomagi_ec
  • bppz201902_05_Buzz Lightyear_ec
  • 20190312sugumikouhen01catch