『ウルトラマンタロウ』のファーストスーツを完全再現!海洋堂「ウルトラマンタロウ Character Classics」一切の妥協なきその仕上がりをレビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

海洋堂が展開している、円谷ヒーローのポリストーン製スタチューシリーズ「CharacterClassics(キャラクタークラシックス)」。本シリーズは造形作家 木下隆志氏が一貫して原型制作を担当している。その最新作となるウルトラマンタロウが、2019年7月30日まで海洋堂オンラインストアと、直営店舗のホビーロビーの限定商品として予約受付中です。本稿では、その仕上がりのほどを木下隆志氏が自らが組み立てと塗装を仕上げた製品サンプルの撮り下ろしでお伝えしていきます!

 

 

 

撮影時に用いられたスーツを細部に至るまで再現するという、徹底したリアル志向が特徴の「Character Classics」。数あるタロウのスーツのなかでも、番組初期のスチール撮影などに多用され、当時のファンにとってはウルトラマンタロウそのものといっても過言ではないファーストスーツがチョイスされています。本アイテムの概要については一度電ホビでもお伝えした(⇒そしてタロウが“ここにいる”!『ウルトラマンタロウ』ファーストスーツを完全再現するためこだわり抜かれた傑作スタチューが4月26日予約開始!)ことがありますが、今回はより細部にフィーチャーしてご紹介していきましょう。

 

まずはバストアップを見てみましょう。マスクの形状は実物プロップをもとに検証を重ねたうえで造形され、ファーストスーツのみ頭部の鋲(リベット)が7個という特徴を再現。タロウの目は1つの型から作られていて、同系統のウルトラセブンとは異なり、左右で同じ形をしています。なかでも、目のくぼみがやや白味がかっているのはファーストスーツ特有で、コアなファンにはたまらないポイントをひとつひとつおさえていることが分かります。

 

後頭部に段差があるのも、ファーストスーツの大きな特徴。ツノの裏側にあるピンまで再現していて、本物の撮影用スーツを完全再現するという心意気が感じられます。

 

カラータイマーには透明な素材が用いられ、裏側からモールドを施すことで実物同様の表現や質感を実現。カラータイマーを取りつけているギミック部分も造形されており、スーツの魅力を余すところなく堪能できます。

 

後ろ姿もチェック。ジッパーが隠されている背中のヒレも、かなりリアルに再現されています。首や腰部分に見られるヒレのたわみには、ある種のフェティシズムを刺激される人もいるのではないでしょうか。

 

グローブやブーツの複雑な造形と質感も、ご覧の通り完璧に再現しています。革のあわせ目までしっかりと盛り込まれている芸の細かさには、思わずため息が出るほど。靴底の色が白くなっているのもまた、ファーストスーツならではのポイントです。

 

レビューをお届けしてきた「Character Classics ウルトラマンタロウ」は、税別価格34,800円。タロウのファーストスーツをそのままご自宅で楽しめる本アイテム、ファンの方にはぜひ入手していただきたい逸品となっています。予約受付は2019年7月30日(火)23時59分までとなっていますので、お見逃しなく!

 

DATA

ウルトラマンタロウ Character Classics

  • ポリストーン製完成品モデル
  • 全高:350ミリ
  • 付属品:専用台座
  • 原型制作:木下隆志
  • 発売元:海洋堂
  • 価格:34,800円(税別)
  • 発売時期:2019年7月予定
  • 予約期間:2019年4月26日(金)12:00~7月30日(火)23:59

※本製品に電飾機能はありません。

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)円谷プロ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery