【アニメ『アトム ザ・ビギニング』第1話レビュー】天馬博士は若い頃こんなナルシストだったのか!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2017年4月よりスタートするアニメの中から、編集部がピックアップした作品の第1話レビューをお届けします。今回は4月15日(土)夜より放送開始した『アトム ザ・ビギニング』です。

 

 

 

編集部員I

アトムを作り上げた天馬博士と育て親となるお茶の水博士の若き日の物語だけあり、2人とも特徴は残しつつカッコよくなっていましたね(笑)。アトムのプロトタイプとなるA106のフレームむき出しのデザインも個人的にかなりツボです。声優も豪華でストーリーもテンポよく進むので、第1話があっという間でした。これから天馬とお茶の水、そしてA106がどう成長していくか見逃せないアニメになりそうです!

 

 

編集部員S

あの『鉄腕アトム』の前日譚、お茶の水博士と天馬博士の在りし日を描く本作。“自分で考え、行動する”という理想のロボット完成を目指した2人の青春が紐解かれます。「ロボットに心は必要か」という根底に流れるテーマが見え隠れし、その結果はアトム誕生という未来によって明らかなのですが、そこにどんな物語が秘められていたのかは気になるところです。「お茶の水博士にこんなかわいい妹がいたのか!」とか、「天馬博士は若い頃こんなナルシストだったのか!」という発見も盛りだくさんのアニメでした。

 

 

 

 

DATA

アトム ザ・ビギニング

 

スタッフ

  • 原案:手塚治虫
  • プロジェクト企画協力・監修:手塚眞
  • コンセプトワークス:ゆうきまさみ
  • 漫画:カサハラテツロー(「月刊ヒーローズ」連載)
  • 協力:手塚プロダクション
  • 総監督:本広克行
  • 監督:佐藤竜雄
  • シリーズ構成:藤咲淳一
  • キャラクターデザイン:吉松孝博
  • メカデザイン:常木志伸、石本剛啓、宮崎真一
  • プロップデザイン:めばち、今橋明日菜、吉田大洋
  • 総作画監督:伊藤秀樹
  • 色彩設計:田中美穂
  • 美術:加藤浩
  • 3DCG 監督:菅野高明
  • モニターグラフィックス:青木隆
  • 特殊効果:村上正博
  • 撮影監督:佐藤哲平
  • 編集:本田優規
  • 音響監督:岩浪美和
  • 音楽:朝倉紀行
  • アニメーション制作:OLM×Production I.G×SIGNAL.MD

 

キャスト

  • 天馬午太郎:中村悠一
  • お茶の水博志:寺島拓篤
  • A106:井上雄貴
  • 堤茂理也:櫻井孝宏
  • 堤茂斗子:小松未可子
  • お茶の水蘭:佐倉綾音
  • 伴俊作:河西健吾
  • 伴健作:飛田展男

 

放送情報

  • NHK総合テレビ:4月15日より毎週土曜 23:00~

 

配信情報

  • Amazonプライム・ビデオ:4月15日より毎週土曜 25:30配信

 

 

関連情報

 

 

電撃ホビーウェブ関連記事

 

(C)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO'S/アトム ザ・ビギニング製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • main
  • main
  • IMG_5670
  • ztop3
  • main
  • ztop2
  • ztop1
  • I201706SCYSK_i