『機動戦士ガンダム』アメコミをテーマにしたアパレルアイテムが登場!「アムロVSシャア」の場面などをコミック調に!

「STRICT-G」より、「STRICT-G NEW YARK 2020 F/W コレクション “COMICS”」の第1弾が発売! 2020年10月10日(土)からのSTRICT-G各店舗での販売に先立ち、プレミアムバンダイにて先行販売開始です。

 

 

本商品は『機動戦士ガンダム』をモチーフに、モノトーンを基調とし、新しい価値観を伴ったストリートカジュアルへの進化をコンセプトにスタートしたシリーズ。今シーズンは、1970年代~モダンエイジのアメコミをテーマにしたコレクションを展開、第1弾が発売されます。

 

 

Tシャツ トライアングルロゴコミック柄

STRICT-G NEW YARKのアイコンロゴに、コミック調で「ガンダムVSシャアザク」をデザイン。しっかりと目の詰まった厚手のコットンを使用したTシャツです。

 

DATA

「STRICT-G NEW YARK」 Tシャツ トライアングルロゴコミック柄

  • 商品サイズ:S/M/L/XL/XXL
  • カラー:ホワイト/ブラック
  • 商品素材:綿100%
  • 価格:6,380円(税込)(送料・手数料別途)

 

 

Tシャツ CLASH ! 柄

第43話「脱出」より、「アムロVSシャア」の場面をコミック調にデザイン。しっかりと目の詰まった厚手のコットンを使用したTシャツです。

 

DATA

「STRICT-G NEW YARK」 Tシャツ CLASH ! 柄

  • 商品サイズ:S/M/L/XL/XXL
  • カラー:ホワイト/ブラック
  • 商品素材:綿100%
  • 価格:6,380円(税込)(送料・手数料別途)

 

 

Tシャツ DESTROY GUNDAM 柄

第2話「ガンダム破壊命令」より、迫るシャアをコミック調にデザイン。しっかりと目の詰まった厚手のコットンを使用したTシャツです。

 

DATA

「STRICT-G NEW YARK」 Tシャツ DESTROY GUNDAM 柄

  • 商品サイズ:S/M/L/XL/XXL
  • カラー:ホワイト/ブラック
  • 商品素材:綿100%
  • 価格:6,380円(税込)(送料・手数料別途)

 

 

長袖Tシャツ コミック柄

コミック調コラージュ柄の、しっかりと目の詰まった厚手のコットンを使用した長袖Tシャツです。

 

DATA

「STRICT-G NEW YARK」 長袖Tシャツ コミック柄

  • 商品サイズ:S/M/L/XL/XXL
  • カラー:ホワイト/ブラック
  • 商品素材:綿100%
  • 価格:7,480円(税込)(送料・手数料別途)

 

 

ポケット付き長袖Tシャツ RED COMET柄

厚手のコットンを使用。背中にシャアのヘルメットをデザインした、1枚でもサマになるポケット付き長袖Tシャツです。

 

DATA

「STRICT-G NEW YARK」 ポケット付き長袖Tシャツ RED COMET柄

  • 商品サイズ:S/M/L/XL/XXL
  • カラー:ホワイト/ブラック
  • 商品素材:綿100%
  • 価格:7,480円(税込)(送料・手数料別途)

 

 

コーチジャケット U.C.0079柄

両袖にアイコン、バックプリントにロゴマークを配した、90年代のストリートシーンを想わせる定番コーチジャケットです。

 

DATA

「STRICT-G NEW YARK」 コーチジャケット U.C.0079柄

  • 商品サイズ:S/M/L/XL
  • カラー:ブラック
  • 商品素材:表地…ナイロン100% タフタ、裏地…ポリエステル100%
  • 価格:13,200円(税込)(送料・手数料別途)

 

 

コーチジャケット コミック柄

バックプリントにコミック調コラージュデザインを配した、90年代のストリートシーンを想わせる定番コーチジャケットです。

 

DATA

「STRICT-G NEW YARK」 コーチジャケット コミック柄

  • 商品サイズ:S/M/L/XL
  • カラー:ブラック
  • 商品素材:表地…ナイロン100% タフタ、裏地…ポリエステル100%
  • 価格:13,200円(税込)(送料・手数料別途)

 

<オンライン販売:2020年10月9日(金)>

  • 「プレミアムバンダイ」内、「STRICT-G Online Store」
  • 販売期間:2020年10月9日(金)13時~10月16日(金)23時
  • 発売元:バンダイ

 

(C)創通・サンライズ

関連情報

 

関連記事

上に戻る