第二次世界大戦最強戦車の代名詞的存在「ドイツ重戦車タイガーI初期生産型(東部戦線)」がタミヤより1/48スケールで登場!

タミヤの「1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ」から、「ドイツ重戦車タイガーI初期生産型(東部戦線)」が登場します!

 
1942年に東部戦線で実戦投入された「タイガーI」は、火力・装甲・機動力のバランスを重視する従来のドイツ戦車とは全く異なる設計思想から誕生した、強力な砲力と重装甲を備えた重戦車でした。当時の連合軍には、タイガーIの88mm主砲の威力に耐えられる戦車も、100mmの車体前面装甲を貫通できる火力を持った戦車もほとんど存在せず、1対1の戦車戦ではタイガーIを破ることができなかったことから、連合軍は複数の戦車を駆使して対峙する戦術を採らざるをえなかったほどでした。

 


本製品は1942年11月から1943年6月にかけて生産された初期生産型の特徴を捉えて作られたモデルで、東部戦線に展開した車輌のマーキング2種類が付属します。

 

 
履帯は直線部分を一体とした連結式。

 


迫力あふれる重厚な姿を、組み立てやすいパーツ構成でリアルに再現しています。

 

 

樹脂製シャーシに組み込んで重量感を演出するための、金属製ウェイト付きです。

 

DATA

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.103
1/48 ドイツ重戦車タイガーI初期生産型(東部戦線)

  • プラモデル
  • 1/35スケール
  • 全長:175ミリ
  • 発売元:タミヤ
  • 価格:2,200円(税込)
  • 2022年5月21日(土)発売予定

※写真はキットを組み立て、塗装したものです。
※情報は2022年4月7日時点のものです。製品の名称、価格、発売日、仕様などは予告なく変更される場合があります。
 

関連情報

 

関連記事

上に戻る