真田幸村と戦国武将作品展、丸善・丸の内本店入り口で開催中! 甲冑姿を再現した武将彫刻など約30点を展示販売

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

株式会社 謙信は、武将彫刻家・海野宗伯が構想より15年を経て『仏胴具足着用 真田幸村武将像』を発表したことを記念し、東京・丸善 丸の内本店にて、戦国美術の展示販売会を開催しています。武将彫像 真田幸村、織田信長のほか、ミニチュアのヒストリカルフィギュア(武将像10㎝~20㎝)約10点、鎧兜や刀剣、仏像など本格的な戦国美術約30点がそろいます。

 

main
sub3 sub4
sub1 sub2
sub11 sub14
sub12 sub13
sub15 sub17
sub16
sub9

 

没後400年、精巧なる甲冑装束で立体化
仏胴具足着用 真田幸村 武将像
大坂夏の陣、冬の陣で華々しい戦いをくり広げ、日本全国にその名を轟かせた戦国の勇、真田幸村。
sub8
真田幸村(信繁)は物語で描かれる猛々しいイメージとは裏腹に、残された文献、記録から極めて物静かで冷静、口数少ない人物であったことが分かっています。真実の幸村像に迫るため、あえて戦う姿ではなく座像を選び、本懐を遂げた大坂夏の陣の戦いの後を想定し制作された作品です。大坂夏の陣にて死力を尽くし戦いきったのち、終焉の地となった安居天神付近で休息する姿を立体化。敗れ去る寂寥感と、思う存分に戦った充足感、相反する気持ちを投影した武将像です。
sub5
sub6
sub7
鎧装束は、甲冑師との共同研究により、信州の武家に伝わる鎧や文献などを幅広く調査し、この姿に。本作のために1/4鎧の作りおこしをするなど丹念な研究に基づき精巧に再現されています。本作は、幸村公ゆかりの紀州・和歌山「真田庵」にも奉納展示されています。

 

<DATA>
仏胴具足 真田幸村 武将像
■作家 海野宗伯(うんの そうはく)
■販売価格:20万円(税別)/限定制作50体(シリアルナンバー入り)
■サイズ:約幅29×奥39×高さ36.5cm
■素材:ポリストーン(一部金属、ポリウレタン、特殊樹脂、金属、紐)
■重量:約5キログラム
■付属品:専用化粧箱、立札「銘 仏胴具足 真田幸村公」(約縦12×幅4.5cm)

 

また、大人のための、デスクトップホビーヒストリカルフィギュアシリーズ各種もあわせて販売中です。
sub10
ヒストリカルフィギュアシリーズ 真田幸村
真田幸村(騎乗像)石垣版 完全彩色|限定100体

 

<開催概要>
■期間:2016年1月27日(水)~2月5日(金)
■場所:丸善丸の内本店(1階入口)
〒100-8203 東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ
■営業時間:9:00-21:00
■アクセス
JR東京駅丸の内北口 徒歩1分
地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩5分
地下鉄東西線 大手町駅 徒歩5分
地下鉄三田線 大手町駅 徒歩5分
地下鉄千代田線 大手町駅 徒歩7分

 

<関連情報>
株式会社 謙信
丸善 丸の内本店

 

 

Copyright(C) 2016 KENSIN


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery