『To LOVEる ダークネス』古手川唯がハレンチな禁断のトランス衣装でフィギュア化!透き通るような白い肌がステキ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』より、真面目な風紀委員・古手川唯がハレンチな姿で登場! 金色の闇が発動させた禁断のトランス・ダークネスの衣装で、ユニオンクリエイティブから発売となります。

 

 

本アイテムは、原作コミックス第11巻で矢吹健太朗先生が手がけた挿絵を元に立体化。布面積の少ない大胆なデザインがしっかり再現されています。

 

眉をひそめた表情がグッとくる仕上がりになっており、小悪魔を思わせるツノも目を引きます。衣装の黒とは対象的な、白い玉のようなお肌も素敵ですね。価格は13,500円(税抜)で、2018年1月発売予定となっていますので、ファンの方はお見逃しなく!

 

DATA

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 古手川唯 ダークネスver.1/6

  • ATBC-PVC、ABS製彩色済み完成品
  • 全高:約16センチ
  • 原型:赤べこ
  • 彩色:五日市歩
  • 発売元:ユニオンクリエイティブ株式会社
  • 価格:13,500円(税抜)
  • 2018年1月発売予定

 

関連情報

 

(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • 20190215sugumikouhen01catch
  • bppz201901_re01_nekomushume_ec
  • 20190215sugumizenpen01catch
  • ec_005
  • fnex_rem_1901_main
  • bppz201901_re03_SAOCR_ec
  • rev_figma_yukimiku2019_main
  • rev_bfp_kanan_ec
  • rev_wf2019w_arthur_main