ステップバイステップで究極の「ビルトビルガー」を作る!<第5回>【電撃スパロボ No.056】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

densupa_bn_800

「ビルトビルガー 高機動型」を徹底的に改造中の「電撃スパロボ!」。第49回に続いて、次に手を加えるのは……? 今回は皆様の予想通り、あのパーツの工作です!

 


1/144 ビルトビルガー⑤ 重装型パーツ改修

製作・文:KuWa(FRAMEOUT MODELS)

ka_dsp_20160425_051@

▲前回の最後にご覧いただいたパーツ群

 

前回まででようやく高機動型改修が終了したところですが、やはりというか?重装型パーツが待っていました。
被せられるならかぶせて見せたいのは人情よねぇ。というわけで、ここからは削ってはかぶせ削ってはかぶせの単純なお仕事です(嘘)。

 

ビルトビルガー重装型は高機動型を遡ること3年前の2004年、コトブキヤのキットとしては最も初期に発売されたものの一つで、高機動型とは共通部分が一切ない別商品となっています。
したがってかぶせるといっても形状修正も含んだ一定以上の加工が必要になります。またどこまで実際にかぶせるか、それとも差替えにするかなど、悩みどころも盛り沢山です。

 

 

㉑重装型パーツ 上半身の加工

 

1.胸

 

N20160627SW_0201

▲設定画:高機動型

N20160627SW_0101

▲設定画:重装型

 

N20160627SW_001

 

まずは面倒そう&懸案になりそうなパーツの一つ、胸の装甲から。

設定では薄い装甲一枚がピッタリかぶっている胸部ですが、大きさも形状もかなり異なるのでキットパーツを胸の形に合わせつつ薄く削る必要があります。

 

N20160627SW_002

 

さて、削る作業に使うのはリューターです。自分は随分前に買った浦和工業のミニツールを使っていますが、現在販売されているものはミニツールIIにバージョンアップしているようです。
ある程度パワーがあって、スピードコントロールできるものが使いやすいように思います。

 

N20160627SW_003

 

外装裏を削るのには、ほとんどこの2本のビットを使いました。一つは奥まで直角に彫り込め、もうひとつは曲面をキレイに削るのに適しています。

 

N20160627SW_004

 

ちなみに、この商品はグリップ部にオンオフスイッチがないので、市販のフットスイッチを入れて足でコントロールしています。

 

N20160627SW_005

 

N20160627SW_006

 

一旦裏側をおおまかに削ってかぶせてみると胸中央の幅が足りないようなので、真ん中でカットして2mmほど幅増しをしつつ、裏側にプラ板貼ってボディとの隙間を埋めていきます。
最初からピッタリに削るのは困難なので、現物合わせて整えていきました。

 

N20160627SW_007

 

N20160627SW_008

 

ざっとですがかぶせるところまで来ました。この写真だと隙間を埋めているのがよく分かるかと。
ここからボディ形状に合わせて外側から削り込みます。

 

N20160627SW_009

 

N20160627SW_010

 

N20160627SW_011

 

さらに足し削りをした結果、このようになりました。
裏から貼ったプラ板が表から見えたり、中央脇の青い部分がほとんど残っていなかったりと、かなり際どい削りこみですね。全体的に0.7mm厚ぐらいになったような感じです。
こうしたプラ板貼り合わせ部分に強度が必要なものは、瞬間接着剤などより普通の接着剤をしっかり付けて、よく乾かす必要があります。

 

自分はプラ板同士の接着は、可能な限り流し込み接着剤を使用して、瞬間接着剤などの使用は最低限としています。愛用しているのはクレオスの”Mr.セメントS 流しこみタイプ“です。

 

 

2.腰

 

N20160627SW_0202

▲設定画:高機動型

N20160627SW_0102

▲設定画:重装型

 

腰回りはフロントとリアのスカートが装甲に覆われています。キットパーツは形状が似ているので小改造で済みそうです。

 

N20160627SW_012

 

N20160627SW_013

 

N20160627SW_014

 

N20160627SW_015

 

N20160627SW_016

 

フロントスカートは、白いパーツと青いパーツの接線の形状を少し角ばったラインに変更しつつ接着。装甲後も見える基部を切り取りました。裏側は薄く削りつつ、中身のディテールに合わせたくぼみも付けて、できるだけ密着させます。

 

N20160627SW_017

 

N20160627SW_018

 

リアスカートは内側に0.5mmプラ板を貼り足して、裏側を中身の形に切り抜けばOKでした。

 

 

3.頭部

 

N20160627SW_0203

▲設定画:高機動型

N20160627SW_0103

▲設定画:重装型

 

N20160627SW_019

 

頭部にはひさしの部分に薄い装甲板が覆っているのですが、頭部形状の修正をしたこともあり、キットパーツを加工してかぶせるのは難しそう。またここは薄さを大事にしたいので差替えで行こうかと思います。
オデコにフィットする薄いパーツを作るために、今回はヒートプレスをおこないます。

 

ヒートプレスとはプラ板を熱で柔らかくして型や対象物に押し付けて密着させることで、対象物に沿う形状のパーツを作る方法です。

 

 

N20160627SW_021

 

N20160627SW_020

 

N20160627SW_022

 

まずクリップなどの固定具で自立できるようにした顔面に向けて、適当なサイズに切り出した0.5mmプラ板を、ライターで熱した後押し付けます。

※作業の際には、火をプラ板に近づけすぎて燃やしたり、軍手などをしつつやけどしないように気をつけます。

 

N20160627SW_023

 

うまくいけばこのようになります。
プラパーツに熱したプラ板を押し付けることになりますのでパーツへの影響が気になりますが、特に熱で歪むようなことはありませんでした。

 

N20160627SW_024

 

オデコの形にプレスされたプラ板から、必要なサイズに慎重に切り出します。まずは左右を繋げた状態のまま、ひさしと合うように装着します。

 

N20160627SW_025

 

N20160627SW_026

 

同じ要領で再び0.5mmのプラ板でヒートプレス。ひさしカバーには中央に段差があるので、コレを再現します。

 

N20160627SW_027

 

N20160627SW_028

 

その後ちょんまげのある部分をカットしたら、頭部になじむように薄く削り込んで完了。
ひさしとプラ板は流し込みタイプの接着剤で固定していますが、それでも強度的にはギリギリですね。
完全硬化するまでは慎重に取り扱う必要があります。

 

4.肩

 

N20160627SW_0204

▲設定画:高機動型

N20160627SW_0104

▲設定画:重装型

 

N20160627SW_029

 

N20160627SW_030

 

N20160627SW_031

 

肩は上半分のみかぶせるような形なので、下側を切り取ったのち、大きさを合わせるため下方向にプラ板を足します。
中身の形状に合わせるため、内側にも少し足して外側を削りました。肩付け根方向に少し絞る感じです。
かぶせつつもあまり大きくならないように、どう足すかは頭をひねるところです。

 

N20160627SW_032-

 

かぶせるときに当たるので、図の赤丸部分の幅をギリギリまで狭めました。

 

N20160627SW_033

 

N20160627SW_034

 

実際にかぶせたところ。パーツの当たるところは何度も確認しながらリューターで削って確かめるので、1個目を製作するのは意外に時間がかかります。

 

N20160627SW_0301

▲高機動型

 

N20160627SW_0302

▲重装型(右半身)

 

さて、出来たパーツをひとまず(右半身に)かぶせてみました。
重装型といいつつ、着膨れしないようできるだけ薄くコンパクトになるよう加工しました。

 

……削ってかぶせての単純なお仕事?でしたが、上半身だけで結構なボリュームとなってしまったので、今回はここまで。
次回は引き続き下半身の加工をおこないます。

 

 

⇒週刊 電撃スパロボ! 特集ページはこちら!

 

DATA

ビルトビルガー 高機動型

  • 1/144スケールプラスチックモデル
  • 全高:約150ミリ
  • 価格:3,200円(税抜)
  • 発売中
  • 発売元:コトブキヤ

※現在店頭在庫のみ

 

関連情報

スーパーロボット大戦 公式サイト

最新作!『スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』

コトブキヤ

コトブキヤ「ビルトビルガー」商品ページ

(C) SRWOG PROJECT


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ztop1
  • I201706SCYSK_i
  • I201706SCYAU_i
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • main2
  • main
  • eye
  • ec