「フレームアームズ・ガール スティレット」(コトブキヤ)を作る<その3>

更新日:2016年2月2日 11:38
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ウェポンセット2も発売し、ますます好評の『フレームアームズ・ガール』(以下FA:G)より、スティレットの制作記事第3回。
前回で成型色仕上げが完成、今回からスティレットバリエーション機、クファンジャルモチーフのオリジナルFA:Gの製作が始まります。

 

■モデラー:ちいたわからし……電撃ホビーマガジン2015年7月号ではフレームアームズ・ガール 轟雷の作例も担当した、フレームアームズ大好きモデラー。

 

■第1回記事:「フレームアームズ・ガール スティレット」(コトブキヤ)を作る<その1>

■第2回記事:「フレームアームズ・ガール スティレット」(コトブキヤ)を作る<その2>

 

N20151123ST_0001

 

編集部:第3回にしてやっとクファンジャル化の解説がはじまるのですね。

 

ちいた:はい。前回で基本工作のほとんどを紹介できたので、今回からは自分の好みのスタイルに改造する方法を中心に紹介していきます。

 

編集部:しかし、Twitterなどを見ていると色々な方がもう思い思いのスティレットちゃんを完成させていて、その中にはクファンジャルモチーフのものもチラホラ……完全に先越されてますね。

 

ちいた:うぐっ……まぁ『フレームアームズ』(以下FA)『FA:G』両方のファンはバリエーション機揃えたくなりますしね。
なので今回は、こんな感じでちょっと趣向を変えていきたいと思います。

 

N20151123ST_002
編集部:なるほど! 『FA』と組み合わせて乗り物風に改造するのですね!

 

ちいた:逆関節構造はクファンジャルの特徴の一つですからね。
第一回で言ったとおり『FA』としての楽しみ方ってことで。

 

編集部:それにしても、このアーキテクト、苦しそうな姿勢してますね(苦笑)。

 

ちいた:ふふっ、プロレス技かけられてるみたいですね。
これからどんなふうに改造されていくか楽しみです。

 

編集部:いや、他人事じゃないっすからね!? まだ完成イメージ固まってないんですか?

 

ちいた:ソンナコトナイデスヨー……。と、とにかくキットを活かしたい部分を表面処理していきます。

 

N20151123ST_003

 

N20151123ST_004

 

N20151123ST_005

編集部:アレ? この成型色は?

 

ちいた:あ、以前送ってもらったテストショットを使用してます。
この髪の色も綺麗でバリエーション出て欲しいですよね。

 

編集部:テストショットの色の話をされても突っ込めないのですが……。

 

ちいた:うっ……以後気をつけます。
さて、今回もTOPで画像出ていますが逆関節要素は乗り物に凝縮していくので、スティレット本体は素体っぽく改造していきます。
まずは足をタイツっぽくするために削る部分の下書きをしていきます。

 

N20151123ST_006
編集部:だいぶ加工するのですね。
ここまで削るとスクラッチのほうが楽なのでは?

 

ちいた:スクラッチできる技術があればそれでOKなのですが、キットの安定した可動を活かしたかったのと、左右の長さを揃えるなど、バランスの取りやすさからキットを芯に使用しています。

 

編集部:なるほど、ちいたさんにスクラッチする技術がないと。

 

ちいた:オイッ! ちゃんと説明聞いてたか!?

 

編集部:冗談ですよ、怒らないでください。短気ですね。

 

ちいた:おぅ……辛辣さが止まらないぜ……諦めて説明を続けよう……。

 

N20151123ST_007
ちいた:下書きに沿ってパーツをニッパーなどで大まかに削っていきます。

 

N20151123ST_008
ちいた:エポキシパテ(以下、エポパテ)を隙間にガッツリ持っていきます。
硬化後の加工性に優れたウェーブ製エポキシパテ [軽量グレータイプ]を使用します。
関節部にパテが貼り付かないようにメンタムで離型処理しておきましょう。
バランスも見たいので足首も一緒に大まかな形状を出していきます。

 

※参照:ウェーブ・エポキシパテ [軽量グレータイプ] ウェーブ

 

N20151123ST_009
ちいた:足首関節は最終的にイエローサブマリン製の球体ジョイント/スリム/ダークグレイに変更してます。

 

参照:球体ジョイント/スリム ホビーベース

 

編集部:プラパイプを中に仕込んでいるのはなぜですか?

 

ちいた:摩耗対策です。パテだけで可動軸を仕込むと摩耗が激しく、欠けや割れなどの破損原因やすぐに関節がプラプラになってポーズの維持ができなくなってしまうので、プラ材やポリキャップを仕込んでワンクッション置くことで対策をしてます。

 

N20151123ST_010
ちいた:足首など左右で形状が違うものは、片側の形状が決まったら瞬間接着剤で、一時的に左右を貼り合わせてから反対側を削って左右の形を合わせていきます。

 

編集部:足の裏どうしを合わせて、削っているときの誤差を少なくするんですね。

 

ちいた:はい。これだけで左右を揃えるのがだいぶ楽になります。

 

N20151123ST_011
ちいた:最終的にこういう形状に落ち着きました。

 

編集部:見事に原型の形状がなくなってますね(苦笑)。

 

ちいた:ですね。それでも膝と足首の関節部はキットの部品を活かせたので、可動の信頼性は高いです。
さぁ! 次はみんな大好き胸の増量を行っていきます!

 

N20151123ST_012
編集部:うわぁ、急にテンション上がりましたね、気持ち悪い。

 

ちいた:おぉっと! いま大多数の魔改造モデラーを敵にしましたよ!

 

編集部:勘違いしないでください。

魔改造は好きです。ちいた氏のねちっこいテンションが気持ち悪いだけです。

 

ちいた:むぅ……今お互いの絆に、深い溝が生まれた気がします……。
それはともかく、具体的な加工方法を説明していきます。

 

N20151123ST_013
ちいた:こちらも大まかに増量したい分のエポパテを盛ります。

 

編集部:おや? 先ほどのエポパテと違いますね。

 

ちいた:こちらはタミヤ製のエポパテ速硬化タイプを使用しています。
先ほどのウェーブ製のものは、大まかに盛って削り出して使用してますが、こちらはキメが細かく、硬化中もゴムのような弾性があるので、肌のような柔らかい部分や、硬化前に形状を確定させたいときに使用しています。

 

※参照:タミヤ・エポキシ造形パテ(速硬化タイプ)100g タミヤ

 

編集部:なるほど、同じエポパテでも製品、メーカーによって色々違いがあるのですね。

 

N20151123ST_014
ちいた:次に胸の谷間を作ります。
パテには粘着性があるので、爪楊枝やスパチュラがくっつかないように、アクリル溶剤で濡らしながら形を出していきます。

 

N20151123ST_015
ちいた:谷間を基準に、胸のラインに整えていきます。
取ってつけたような胸にならないよう、体のラインからの流れを意識して形をつくります。

 

N20151123ST_016
ちいた:大体の形ができたら、平たいヘラや指の腹などで凸凹を整えていきます。

 

編集部:おぉ! 胸っぽい形状になりましたね!

 

ちいた:脚部のときはプラごとガッツリ削る必要があったのでザックリと盛り付けましたが、このパテを使用すれば硬化前にここまで綺麗に形状が出せます。

 

編集部:加工したい箇所によって適したマテリアルを使用することで、作業効率がアップするんですね。

 

N20151123ST_017
ちいた:完全に硬化したら、スポンジやすりなどで形を整え、仕上げをして終了。
効率もそうですが、色も肌に近いほうがテンション上がりますしね。
さて、本体の大まかな加工が終わったところで組み上げて確認していきましょう。

 

N20151123ST_018
編集部:おぉ、より女の子らしいボディラインになりましたね。

 

ちいた:メカ成分を乗り物に寄せていくので、本体はシンプルにしてみました。
胸を盛ったことでグラマラスなイメージにも。

 

編集部:む、またテンションが気持ち悪くなってきましたよ?

 

ちいた:不毛な争いはしたくないので最後に一枚貼って今回は終了します。

 

編集部:え? もう終わり? 今回早くないっすか?

 

ちいた:えいっ! 強制終了!

 

N20151123ST_019
編集部:あっ! ちょっとっ! 早いし!

しかも画像のポーズ! なんだこれ! ツッコミどころが多い!

 

ちいた:だって! この前、電ホビ.chで軽い拉致されたのでソレどころじゃなかったんですよ!

 

編集部:ぬぅ……それを言われると返す言葉がないですが。次の回ではもっと進んだ状態を見せてくださいよ!
電ホビ.chで何があったかは過去配信を確認できますので、ぜひとも見てみてくださいね!

 

■電撃ホビー18周年記念 ニコニコ生放送&YouTube「電ホビ.ch」生放送番組表

https://hobby.dengeki.com/news/129594/

 

 

編集部:今回は記事が短めで終わってしまったので、11月22日に行われたAKガーデンの「コトブキヤ」ブースの様子をお伝えしてお別れしたいと思います。

それでは次回をお楽しみに。

 

N20151123ST_020

▲コトブキヤブース『フレームアームズ・ガール』

 

N20151123ST_021

 

N20151123ST_022

 

N20151123ST_023

 

N20151123ST_024

 

AK-GARDEN 小さな模型好き、小さな人形好きのためのお祭り

http://ak-garden.com/

 

 

<DATA>

フレームアームズ・ガール スティレット

■NONスケールプラスチックキット

■全高:約150ミリ

■価格:4,800円(税抜)

■原型製作:清水 康智

■発売元:コトブキヤ

 

<関連情報>

フレームアームズ・ガール スティレット コトブキヤ製品ページ

フレームアームズブログ

アーキテクトマン公式twitter @faman_type001

「フレームアームズ・ガール スティレット」(コトブキヤ)を作る<その1> 電撃ホビーウェブ
「フレームアームズ・ガール スティレット」(コトブキヤ)を作る<その2> 電撃ホビーウェブ

「フレームアームズ・ガール スティレット」(コトブキヤ)を作る<その4> 電撃ホビーウェブ

「フレームアームズ・ガール スティレット」(コトブキヤ)を作る<その5> 電撃ホビーウェブ

「XFA-CnV バルチャー」(コトブキヤ)を作る<その5・完結編> 電撃ホビーウェブ

 

 

(C) KOTOBUKIYA

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery