開場迫る「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」限定アイテムを連続レビュー!BANDAI SPIRITSコレクターズ事業部のROBOT魂と魂STAGEでRX-78F00とGUNDAM-DOCKを再現!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2020年12月19日(土)に開場となる「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」。史上初となる動く実物大ガンダムが展示される大型施設で、ガンダムが展示される「GUNDAM-DOCK」、ロボット技術をはじめ技術展示と解説が楽しめる「GUNDAM-LAB」、飲食スペースの「GUNDAM Café YOKOHAMA Satellite」などが併設。そしてショップである「THE GUNDAM-BASE YOKOHAMA Satellite」では、限定商品をはじめガンダムゆかりのさまざまなアイテムが販売される予定です。

 

電撃ホビーウェブでは、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの限定アイテムを随時レビュー! 今回ご紹介するのは、BANDAI SPIRITSコレクターズ事業部の贈る「ROBOT魂<SIDE MS> RX-78F00 ガンダム」、そして「魂STAGE ACT.G-DOCK」。手頃なサイズと広い可動範囲、シャープな造形が魅力のスタンダードシリーズ、ROBOT魂ブランドでリリースされるRX-78F00と、これにサイズをあわせた汎用フィギュアスタンド、魂STAGEで「GUNDAM-DOCK」のレーンやハンガーを再現。ふたつを組み合わせることで、派手なアクションから「GUNDAM-DOCK」をイメージしたディスプレイまでこなせるアイテムとなっています。それでは早速レビューしていきましょう。

 

両アイテムで対になっているデザインです。あわせて揃えたくなること間違いなし。

 

また、ROBOT魂は背面がオープンウィンドウになっており、本体が覗けます。さらに台紙はGUNDAM FACTORY YOKOHAMAをモチーフにフロア数がプリントされています。開封するだけで期待させてくれる凝ったつくりです。

 

フロント、リア。約1/144、13センチサイズながらカッチリした作りです。各部の塗り分けも丁寧で、プロポーションやパネルラインもRX-78F00に準じたものになっています。

 

バストアップ。ツインアイはメタリック塗装となっています。両肩や胸部、腰部の黄色いヘリウムコアなど、要所にはマーキングがプリント。密度感を上げています。

 

目を引く膝上のライトも、もちろん塗り分け済み。太腿をはじめ各所のパネルラインは太さが細かく変化させてあり、単調にならないよう造形されています

 

ビーム・ライフルとシールドを装備して。もちろんこちらの形状もRX-78F00専用のもの。足首のサイズ感や手の長さに個性のある体型ですが、武装しても違和感なくスタイリッシュなバランスになります。

 

ビーム・サーベルは刀身パーツが別途付属。ピンクのクリアーパーツとなっており、本体の可動と合わせ剣劇シーンが捗ります。

 

さらにライフル用のエフェクトパーツも付属。ビーム・サーベルより太いサイズで同じくクリアーパーツ。本家ROBOT魂シリーズからのフィードバックで射撃シーンを演出します。本体の可動範囲も優秀で、ビーム・ライフルの両手保持も違和感はゼロ!

 

そして魂STAGE ACT.G-DOCK。左右に4段あるタラップと可動するタラップアーム、整備アーム、武器アーム2種、可動支柱と固定支柱が付属する豪華な仕様。タラップアームは展開、可動して表情付ができます。

 

武器アームはROBOT魂<SIDE MS> RX-78F00 ガンダムに対応しており、ビーム・ライフルとシールドをマウントできます。

 

整備アームはワンパーツですがガンダムの近くにセットするだけで雰囲気抜群。タラップアームと合わせ巨大感を演出します。

 

それでは両アイテムをあわせてアクション。固定支柱は腰に接続する「GUNDAM-DOCK」をイメージしたもので、より“GUNDAM FACTORY YOKOHAMA”らしさが上がります。スタンド底面はスライドして伸長、可動スペースを確保できるギミックがあります。

 

展開するタラップアームでステージに表情もつきます。固定支柱は地味な存在ながら、RX-78F00の個性を際立たせます。

 

タラップ越しにガンダムを眺めれば巨大感もマシマシ。ちょっとしたジオラマといった雰囲気に。

 

タラップと固定支柱を取り外して可動支柱を取り付ければシンプルな台座に。可動支柱は差し替えで角度を設定し固定するタイプなので、安定感があります。浮かせたディスプレイも楽々で、映像作品内でのガンダムのポージングも自由自在。

 

かなりアクロバティックなポーズでもしっかり固定されます。宇宙を駆けつつビーム・ライフルを射撃するシーンや……

 

ザクに斬りかかるシーンなどもこのとおり。ROBOT魂の自在に動く関節が台座との組み合わせで活かされます。

 

最後は起動実験デモンストレーション風のポーズを。

 

ROBOT魂と魂STAGEの連動で、「GUNDAM-DOCK」全体を表現できるのがなんといってもポイントが高い。魂STAGEはほかのROBOT魂も立たせることができるので、自分だけの「GUNDAM-DOCK」を作って遊ぶのも楽しいですね。手に取りやすいサイズ感と安定のクオリティ、パッと遊べる手軽さを兼ね備えたオススメアイテムとなっています。お立ちよりの際にはぜひ手に取ってみてくださいね。

 

DATA

ROBOT魂
<SIDE MS> RX-78F00 ガンダム

  • 価格:3,850円(税10%込)
  • 発売元:BANDAI SPIRITS コレクターズ事業部
  • 2020年12月発売予定
  • THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satellite会場限定販売

 

魂STAGE ACT.G-DOCK

  • 価格:2,200円(税10%込)
  • 発売元:BANDAI SPIRITS コレクターズ事業部
  • 2020年12月発売予定
  • THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satellite会場限定販売

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery