ガンプラで見る『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』(その17)ジェガン(エコーズ仕様 コンロイ機)

作例製作・文●yumoto/編集●電撃ホビー編集部

 

GUCTV_20160221_01

 

 

本コーナーでは、日曜朝7時よりテレビ朝日系にて放送されている『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』に登場したモビルスーツを、電撃ホビーマガジンやその別冊に収録された作例記事にて紹介します!

 

 

GUCTV_20160221_02

 

 

 

1/144 ジェガン エコーズ仕様コンロイ機(HGUC 1/144 ジェガン(エコーズ仕様)改造)

ジェガンエコーズ_PAC

▲作例の基となった「HGUC 1/144 ジェガン(エコーズ仕様)」。

 

エコーズのコンロイ・ハーゲンセン専用ジェガンは、エコーズ用特務仕様機に狙撃用バイザーユニットを追加。ハンドガンやダガーナイフなどの携行武装となっている点が通常のエコーズ仕様機とは異なる。作例はHGUC「ジェガン(エコーズ仕様)」をベースに形状の異なる部分を新造。またオリジナルディテールも追加し、密度感を高めている。

 

 

エコーズ仕様のコンロイ機をキット改造で

038-041_001

 

ジェガン(エコーズ仕様 コンロイ機)は、ジェガンD型をベースに特務隊用に改修されたエコーズ仕様を、さらに専用装備でチューンナップした機体です。

 

038-041_002038-041_003

 

頭部は、狙撃用バイザーユニットの追加されたセンサースコープを製作。バイザーが開いた状態は、4ミリと3ミリの市販パーツに手芸用のアクリルビーズの組み合わせ。バイザーが閉じた状態のものは、さらに2.5ミリや2ミリのパーツを組み入れてスコープが伸びたように製作しています。またクリアーパーツのバイザーは内部にモノアイのようなモールドがあったので、ディティールアップのためにこちらも市販パーツとアクリルビーズの組み合わせに変更しています。

 

▲頭部はバイザーに狙撃用センサースコープを追加。バイザーごとパーツを差し替えることで狙撃モードを再現できる。

▲頭部はバイザーに狙撃用センサースコープを追加。バイザーごとパーツを差し替えることで狙撃モードを再現できる。

 

038-041_009 038-041_011

 

 

胸部の増加装甲はガンダムNT-1のチョバムアーマーをイメージして分割ラインをスジ彫りで追加。胴はプラ板で約2ミリ延長。左腰のファイア・ナッツを格納するユニットは、キットの腰サイドアーマーを芯にプラ板の箱組みで製作。ファイア・ナッツはプラ棒で製作し取り外し可能に。またバックパックのバーニアは塗り分けと精度アップのためアルミ製との組み合わせに変更しています。

▲左腰サイドアーマーはキットを芯にプラ板の箱組みで新造。ファイア・ナッツはプラ棒で製作し取り外し可能に。

▲左腰サイドアーマーはキットを芯にプラ板の箱組みで新造。ファイア・ナッツはプラ棒で製作し取り外し可能に。

038-041_018

 

左肩に装備するダガーナイフはプラ角棒を削って製作。ダガーナイフの刃と鞘の交換は差し替えで再現するため、0.5ミリのピアノ線で接続。補強等に使用する金属線は真ちゅう製が主ですが、0.5ミリのように細い物はより強度のあるピアノ線が丈夫でオススメです。

 

038-041_013

▲肩アーマーはダクトに市販パーツを追加。

▲肩アーマーはダクトに市販パーツを追加。

 

038-041_015

▲左肩のダガーナイフは、プラ角棒を削り込んで新造。刃と鞘の交換は0.5ミリピアノ線で行う。

▲左肩のダガーナイフは、プラ角棒を削り込んで新造。刃と鞘の交換は0.5ミリピアノ線で行う。

 

 

右前腕の増加ユニットはエポキシパテをメインにプラ板等で新造しました。

 

▲右前腕の後ろ側はエポキシパテとプラ材で形状変更。袖口の丸いモールドはビーム・サーベルと解釈し、ビーム口をモールディングしている。

▲右前腕の後ろ側はエポキシパテとプラ材で形状変更。袖口の丸いモールドはビーム・サーベルと解釈し、ビーム口をモールディングしている。

 

038-041_016

 

左ヒザ側面にはハンドガンの接続フレームをプラ板で製作しています。

 

▲ハンドガンはグリップをHGUC「ジェガン」付属のビーム・ライフルから流用。その他はプラ板や市販パーツで新造した。

▲ハンドガンはグリップをHGUC「ジェガン」付属のビーム・ライフルから流用。その他はプラ板や市販パーツで新造した。

 

038-041_022

 

▲ジェガンの基本武装も製作。ビーム・ライフルはHGUC「ジムⅡ」のものを流用。シールドは裏面をプラ板等でディテールアップした。

▲ジェガンの基本武装も製作。ビーム・ライフルはHGUC「ジムⅡ」のものを流用。シールドは裏面をプラ板等でディテールアップした。

 

▲シャイアン基地配備カラーのジェガンとのツーショット。同じD型がベースだが、カラーリングと追加武装で印象が大きく異なる。

▲シャイアン基地配備カラーのジェガンとのツーショット。同じD型がベースだが、カラーリングと追加武装で印象が大きく異なる。

 

▲劇中で印象的だったメガ・バズーカ・ランチャーも追加製作(製作:岡田雅之)。劇中ではネェル・アーガマの甲板に設置・固定していたが、作例はジェガンを立たせた状態で構えさせている。

▲劇中で印象的だったメガ・バズーカ・ランチャーも追加製作(製作:岡田雅之)。劇中ではネェル・アーガマの甲板に設置・固定していたが、作例はジェガンを立たせた状態で構えさせている。

 

038-041_027

 

038-041_008

 

COLORING DATA

茶…42番・マホガニー+1番・ホワイト:少量+2番・ブラック:少量
黄…39番・ダークイエロー+1番・ホワイト:少量+2番・ブラック:少量
フレーム…CG84番・グレー(23)
※すべてGSIクレオスの「Mr.カラー」および「ガンダムカラー」

 

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ

上に戻る