ガシャポンから登場のニューホビー!ポップなアバターが水鉄砲でアクションを決める「アクアシューターズ」がいよいよスタートします!

更新日:2018年11月6日 12:46
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ガシャポンに新たな旋風を巻き起こすニューホビー、それが「アクアシューターズ」! 舞台は水鉄砲でのシューティングを行う仮想VRゲーム「AQUA GAME」。このウォーターガンバトルでのプレイヤーキャラクターとなるアバターと、彼女らの装備する武器をアクションフィギュアとしてリリースする新シリーズです。ちょっとリアルな水鉄砲を装備した、5頭身ほどのハイクオリティ・アクションフィギュアがガシャポンとしてガンガンリリースされる……というわけです!

 

AquaShooters01_01

 

第1弾には、アバター3種と武器セット2種がラインナップ。アバターは入魂の組み立て式で、お顔の可愛さもパーフェクト。構造も練りに練られており、今後の拡張の楽しさすら予感させます。武器セットには7種ものウォーターガンがセットされており、バラエティ豊かなディスプレイ、ポージングが楽しめます。今回は製品版でのスタジオフォトに加え、自然光でのフォトも交えてその楽しさをご紹介します!

 

AquaShooters01_02AquaShooters01_03アバター1こと「高野つばさ(たかの・つばさ)」。黒髪ロングに吊り気味の眼差し、瞳の色はブルーとなっています。前髪の流れはなかなか複雑で心地よい造形となっています。後ろ髪のふわりとした造形は躍動感を出すと同時に、可動域の確保にも一役買っています。

 

AquaShooters01_04AquaShooters01_05アバター2こと「大塚ことみ(おおつか・ことみ)」。こちらは軽やかなショートに左のバレッタがチャームポイント。フラットな目に、瞳の色はレッドとなっております。ショートカットなので、可動性は3アバターのなかでも随一。干渉物がないので、大胆なアクションが決まります。

 

AquaShooters01_06AquaShooters01_07アバター3こと「黒田りな(くろだ・りな)」。ツインテールと左右のリボンでもっともデコラティブなアバターです。目はこちらも吊り気味で、瞳の色はブラウン。頭以外の本体は3アバターで共通なので、ポージングで個性を出していくのが楽しいですね。

 

AquaShooters01_08本体セットの内容はご覧の通り。左右握り手、左右平手、キャラクター専用ハンドガン一丁、そして汎用台座と至れり尽くせりです。

 

AquaShooters01_09AquaShooters01_10武器セットはガトリング、ガンブレード2種、ショットガン2種、マシンガン、ロケットランチャーが付属。スモーククリア成形のウォータークリアと、黒いソリッドの2セットがあります。シチュエーションに応じて使い分けたいところ。

 

AquaShooters01_11それではアバター本体のこだわりをチェック。なんといってもその端正なお顔はガシャポンを超えた愛らしさです。アイプリントも正確かつ綺麗で、これは期待以上のクオリティです!

 

AquaShooters01_12そして可動と美しさを支える各部関節は、なんとピンを使ったこちらも精細な仕様! 関節の固さも緩すぎず固すぎずちょうどよい感じで、苦労がしのばれます。パーツはランナー状態で封入されているので、組み立てにはぜひ切れ味のよいニッパーを用意したいところ。

 

AquaShooters01_13アバターの頭部・髪型は互換性があるため、さまざまな組み合わせが可能です。髪はカラーが違うと違和感がありますが、黒×茶ならギリギリセーフな感じでしょうか。もちろん腕に覚えのある方は、塗装してしまうのもアリ。

 

AquaShooters01_14フェイス部分を入れ替えるだけでもかなり印象が変わります。今後アバターが増えれば組み換えもていくアバターにも期待大! ですね。

 

AquaShooters01_15武器を持たせずとも可愛いポーズがビシバシ決まります。下半身がかなり情感豊かにポージングできるのは強みです。

 

AquaShooters01_16上半身の可動を活かし、手首パーツとの合わせ技で目線に手をかざすようなしぐさもオーケー。

 

AquaShooters01_17背面からでも抜かりはありません。上半身から下半身にかけてのラインが非常に美しい。

 

AquaShooters01_18ここからは武器を装備して可動域をチェック!……のまえに、ひとつオススメのテクニックを。スカートのプリーツに沿って、赤線のように切れ込みを入れておくと可動範囲がぐっと広がります。強度などに問題が生じることもありますので、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

 

AquaShooters01_19ガンブレードで平突きの構え。シューティングではないアクションシーンも良いですね。近接武器の充実にも期待!

 

AquaShooters01_20ロケットランチャーで膝立ち。スカートの切れ込みでここまで膝立ちがいけます。

 

AquaShooters01_21マシンガンを両手で構えて。平手がついているのは大正解! 添えて良手持ちにするのが本当に楽しい。

 

AquaShooters01_22ガトリングでお出かけポーズ。ガトリングは後方、天面のどちらのストックでも保持できます。天面のストックは取り外すとメリケンサックっぽい武器になるのもポイント。

 

AquaShooters01_23ショットガンのストックに手をかけて。専用台座はもうこれが圧倒的に便利で、コツこそいりますが場所をとらず、クリアで邪魔にならず、好きなようにディスプレイ可能と文句なし。

 

AquaShooters01_24ショットガンの反動演出も。製品版では上半身(ブレザー)が軟質素材のため、グッとひねって脚に体重をかけたポーズが決めやすい。ガシャポン、驚異のポテンシャル。

 

AquaShooters01_252体集まればバトルアクションも! ことみさん、ガンブレードとはいえマシンガンに近距離戦はダメなんじゃないかなー。

 

AquaShooters01_26だが決着は、つばささんの敗北であった。勝ち側も負け側もこの演技巧者ぶりはいかがですか! 本当に遊びやすい素体で、今後の展開が楽しみです。

 

とにかくキャラクターデザイン+コンセプトアートワークを担当された原川光博氏&鈴木大揮氏のテイストをガッチリ再現しており、イラストの質感とABS+PVCの質感がとにかくマッチしています。

 

AquaShooters01_27AquaShooters01_28AquaShooters01_29また、その手軽さはこんなふうに自然光を使ったオフショットにも最適! 太陽光に透けるクリアブルーのタンクが抜群に美しいのです。

 

ガシャポン界に、デフォルメフィギュア界に衝撃走る「アクアシューターズ!」。本弾でガシガシ遊ぶのはもちろん、ホビーショーほかで展示されていた参考出品子ちゃんをはじめ、今後の展開も超期待したいアイテムです。まずはお机におひとり、ぜひお迎えしてその真価をご堪能ください。

 

 

DATA

AQUA SHOOTERS! 01

  • 彩色済みフィギュア1セット 全5種
  • 販売元:バンダイベンダー事業部
  • 価格:1カプセル500円
  • 発売中

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)BANDAI


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • nekomusume_eye
  • 20181108sugumiganpura01catch
  • godhand_nipako_main
  • 20181108sugumizenhan01catch
  • fnex_mumei_main
  • inre_ec
  • AquaShooters01_ec
  • rev_furyu_elf_main
  • fnex_miku2018_main