【ガンプラ新作レビュー】HG 1/144 イオフレーム獅電を作ってみた!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

~実在のメカを作っているかのような組み立て感! ギュッと情報量が詰まって密度感が心地よい好キット!!~

 

 

新発売されたガンプラを買ってきて、速攻で組み立てて紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、ついに登場した鉄華団の量産機、HG 1/144 イオフレーム獅電の登場です。

 

機体は「テイワズが百里、百錬の開発を通じて蓄積した技術をもとに開発した機体」という設定にあるとおり、胴体やモノアイ部分にはテイワズ系機体に共通するディテールがちらほら。劇中に登場した打撃武器パルチザンや、巨大なライオットシールドも付属しており、豊富な武装も楽しいキットになっています。

 

それでは、さっそく中身を見ていきましょう!

 

 

▲ボックスアートは、パルチザンを振るい模擬戦を繰り広げる獅電と、新人ハッシュ君!

▲ボックスアートは、パルチザンを振るい模擬戦を繰り広げる獅電と、新人ハッシュ君!

 


 

 

キット内容

▲箱の中身です。メインのランナーは4枚! 毎度のことながら、オルフェンズ2期キットのパーツ数を絞った設計には驚かされます。

▲箱の中身です。メインのランナーは4枚! 毎度のことながら、オルフェンズキットのパーツ数を絞った設計には驚かされます。

 

▲説明書です。型式番号や全高、本体重量なんかも載ってるのがうれしいですね。

▲説明書です。型式番号や全高、本体重量なんかも載ってるのがうれしいですね。

 

▲Aランナーです。イオフレームを構成するパーツです。

▲Aランナーです。イオフレームを構成するパーツです。

 

▲Bランナーです。装甲色のあずき色。

▲Bランナーです。装甲色のあずき色。

 

▲Cランナーです。主に武器のランナーです。ライオットシールドの存在感が半端じゃない!

▲Cランナーです。主に武器のランナーです。ライオットシールドの存在感が半端じゃない!

 

▲Dランナーです。胸部やパルチザンのランナーです。すこし緑がかった珍しい成形色です。

▲Dランナーです。胸部やパルチザンのランナーです。すこし緑がかった珍しい成形色です。

 

▲ポリキャップはシリーズおなじみのもの。

▲ポリキャップはシリーズおなじみのもの。

 

▲シールはカメラ部分のみという男らしさ。

▲シールはカメラ部分のみという男らしさ。

 

 

 

さあ、組み立ててみましょう!

パーツの確認が終わったら、さっそく組み立てに入ります!

▲まずは胴体から。肩の部分には、いつも足首に入るポリキャップが使われます。斬新!

▲まずは胴体フレームから。肩関節には、いつも足首に入るポリキャップが使われます。斬新!

 

▲腰と胸をつなぐフレーム部分を組みつけます。

▲腰と胸をつなぐフレーム部分を組みつけます。

 

▲左右からシリンダー状パーツで挟み込めば、胴体フレームの完成です。

▲左右からシリンダー状パーツで挟み込めば、胴体フレームの完成です。

 

▲外装をつけました。百里、百錬にそっくりな胴体です。

▲外装をつけました。百里、百錬にそっくりな色気のある胴体です。

 

▲胴体ができたので、頭部にうつります。構成するのはこの4パーツ。左下は装甲バイザーです。

▲胴体ができたので、頭部にうつります。構成するのはこの4パーツ。左下は装甲バイザーです。

 

▲組み立てるとこのように。カメラ部分にはシールを貼っています。

▲組み立てるとこのように。カメラ部分にはシールを貼っています。

 

▲ちなみに、バイザーは上に持ち上げ、中の高感度センサーを露出することができます。

▲ちなみに、バイザーは上に持ち上げ、中の高感度センサーを露出することができます。こちらもシールを貼りました。

 

▲続いて腕部です。まずはフレームから。

▲続いて腕部です。まずはフレームから。イオフレームのディテールが新鮮ですね。

 

▲外装をとりつければ腕部の完成です。量産機らしい、シンプルな腕です。

▲外装をとりつければ腕部の完成です。よく見ると、すごい面構成ですね。

 

▲さあ、脚部もいっちゃいましょう。まずは足首から。短いつま先が特徴的です。

▲さあ、脚部もいっちゃいましょう。まずは足首から。短いつま先が特徴的です。

 

▲近年のガンプラで肩関節に使われているポリキャップは、足首とスネをつなぐ部分に入ります。これは面白い。

▲近年のガンプラで肩関節に使われているポリキャップは、足首とスネをつなぐ部分に入ります。これは新鮮。

 

▲かかとパーツをつければ、足首の完成です。

▲かかとパーツをつければ、足首の完成です。

 

▲続いて脚部のフレームを組みあげます。細かなモールディングがカッコいい!

▲続いて脚部のフレームを組みあげます。細かなモールディングがカッコいい!

 

▲外装をかぶせれば脚部の完成です。

▲外装をかぶせれば脚部の完成です。

 

▲本体の最後は腰部です。まずはフレームから。

▲本体の最後は腰部です。まずはフレームから。

 

▲囲うように外装をとりつければ、腰部の完成です。一枚板のフロントアーマーが特徴的ですね。

▲囲うように外装をとりつければ、腰部の完成です。一枚板のフロントアーマーが特徴的ですね。

 

▲フロントアーマーとリアアーマーのウェポンラッチは、このように可動します。

▲フロントアーマーとリアアーマーのウェポンラッチは、このように可動します。

 

▲本体が完成しました! ギュッと情報量がまとまっており、すばらしい密度感です。

▲本体が完成しました! ギュッと情報量がまとまっており、すばらしい密度感です。

 

▲後ろから。イオフレームの露出がなんともセクシーです。

▲後ろから。イオフレームの露出がなんともセクシーです。

 

▲さあ、本体ができたところでバックパックを作りましょう。左右のグレーのパーツは、武器マウント用のジョイントです。

▲さあ、本体ができたところでバックパックを作りましょう。左右のグレーのパーツは、武器マウント用のジョイントです。

 

▲武器を一気に組み立てます。豊富な武装がうれしいですね。

▲武器を一気に組み立てます。豊富な武装がうれしいですね。

 

▲パルチザンは、写真のように伸縮します。

▲パルチザンは、写真のように伸ばすことも可能です。さあ、ここまでできたら……。

 

 

完成です!!

HG 1/144 イオフレーム獅電が完成しました!

 

 

 

 

 

 

▲最後はポーズで締め!

 

 

いかがでしたでしょうか? これにて、今回のガンプラ新作レビューを終わります。量産機好きにはたまらない獅電ですが、とにかく情報密度やプロポーションのバランスがよく、いうならば「塊感」のある傑作キットです。腕に自信のある方は、徹底的にエッジを立ててみたりすると、さらにカッコいい仕上がりになるのではないでしょうか?

 


 

 

DATA

HG 1/144 イオフレーム獅電

  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売中
  • 価格:1,296円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

 

関連記事

 

 

関連情報

 

 

(c)創通・サンライズ・MBS


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec