【ガンプラ新作レビュー】HG 1/144 ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)を作ってみた!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

~キャノンが違和感なく肩幅に収まってるぅ! ガンキャノンキット最大の課題をクリアした革命児がついに登場!!~

 

 

 

発売されたばかりのガンプラを買ってきて、速攻で組み立てて紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は、最新作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜』で、見事なやられっぷりを披露したHG 1/144 ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)をレビューします。

 

特徴的なカラーリングや三本指のマニピュレーターがどのように再現されるのか……など、見どころの多いこのキットですが、編集部的な最大の驚きは、通称「ガンキャノン問題」ともいわれる、キャノンが肩幅からはみ出してしまう現象をまったく違和感なくクリアしているところにあります!

 

つまりは革命的ガンキャノンであるこのキット、そのあたりにも注目してご覧ください!!

 

 

▲劇中の月面戦闘を再現したボックスアート。イラストのストレーキング表現もかっこいい!!

▲劇中の月面戦闘を再現したボックスアート。イラストのストレーキング表現もかっこいい!!

 

 


 

 

キット内容

▲箱の中身です。ギッシリ入ったパーツがうれしいですね。

▲箱の中身です。ギッシリ入ったパーツがうれしいですね。

 

▲こちらが説明書。MS開発史において重要な機体だけに、きっちりと機体解説を読み込んでおきたいところです。

▲こちらが説明書。MS開発史においても重要な機体であるだけに、きっちりと機体解説を読み込んでおきたいところです。

 

▲A1ランナーです。バイザーのクリア―パーツも入った多色成形ランナーです。

▲A1ランナーです。バイザーのクリア―パーツも入った多色成形ランナーです。

 

▲A2ランナーです。A1ランナーの一部をカットした多色成形。

▲A2ランナーです。A1ランナーの一部をカットした多色成形。

 

▲Bランナーです。装甲を構成するランナーです。

▲Bランナーです。装甲を構成するランナーです。

 

▲Cランナーです。キャノンやライフルなどの武器類がメインです。

▲Cランナーです。キャノンやライフルなどの武器類がメインです。

 

▲D1、D2ランナーです。関節などを構成するランナーです。

▲D1、D2ランナーです。関節などのランナーです。

 

▲ベースが付属します。これはうれしいですね。

▲ベースが付属します。これはうれしいですね。

 

▲ポリキャップです。オルフェンズ系キットなどに比べるとギッシリです。

▲ポリキャップです。オルフェンズ系キットなどに比べるとギッシリです。

 

▲マーキングシールです。優秀なパーツ分割により、色分けシールが付属しないのもこのキットのすごいところです。

▲マーキングシールです。優秀なパーツ分割により、色分けシールが付属しないのもこのキットのすごいところです。

 

 

 

さあ、組み立てましょう!

 

パーツ確認も終わったので、さっそく組み立てていきましょう!

▲まずは胴体から。腹部の接続はオリジン系HGに多くみられる前方にポリキャップが入るタイプです。

▲まずは胴体から。腹部の接続はオリジン系HGに多くみられる前方にポリキャップが入るタイプです。

 

▲こちらは腹部。横から見ると台形のような形になっているので……。

▲こちらは腹部。横から見ると台形のような形になっているので……。

 

▲横から見たところ。このように、通常の胴体が……。

▲横から見たところ。このように、通常の胴体が……。

 

▲のけぞるように可動することができるのです。そう!この可動により、ガンキャノン独特の腹ばいポーズができるようになっているうんですね。

▲のけぞるように可動することができるのです。そう!この可動により、ガンキャノン独特の腹ばいポーズができるようになっているんです。

 

▲胴体の完成です。ダクトの色分けも完璧。

▲胴体の完成です。ダクトの色分けも完璧です。

 

▲続いてバックパックです。基部には、キャノン接続用のポリキャップが入ります。

▲続いてバックパックです。基部には、キャノン接続用のポリキャップが入ります。

 

▲バックパックが完成しました。さきほどのポリキャップにより、キャノンやミサイルランチャーの差し替えができます。

▲バックパックが完成しました。さきほどのポリキャップにより、低反動キャノン砲やミサイル・ランチャーの差し替えができます。

 

▲お待ちかねの頭部です。バイザー基部には、しっかりとモールドが彫られています。

▲お待ちかねの頭部です。ゴーグル基部には、しっかりとモールドが彫られています。

 

バイザー、ゴーグル、アンテナは別パーツ。素晴らしい分割ですね。

バイザー、ゴーグル、アンテナは別パーツ。ゴーグルがクリアーパーツなのがうれしいですね。

 

▲頭部の完成です。素晴らしいガンキャノン顔!

▲頭部の完成です。素晴らしいガンキャノン顔!

 

▲続いて腰部です。HGオリジンシリーズおなじみの前後スイング股間軸です。

▲続いて腰部です。HGオリジンシリーズおなじみの前後スイング股間軸仕様。

 

▲腰部の完成です。前方の丸モールドが別パーツなのがニクイですね。

▲腰部の完成です。前方の丸モールドが別パーツなのがニクイですね。

 

腕部に移ります。まずはフレーム部分から組み立て。

腕部に移ります。まずはフレーム部分から組み立て。

 

▲これに筒状の前腕・上腕をかぶせていきます。ここまでまったく合わせ目がでないのがスゴイ!

▲これに筒状の前腕・上腕をかぶせていきます。ここまでまったく合わせ目がでないのがスゴイ!

 

▲特徴的な三本指マニピュレーターは、通常と武器持ち用右手が付属します。

▲特徴的な三本指マニピュレーターは、通常と武器持ち用右手が付属します。

 

▲腕部の完成です。ガンキャノンって、どのパーツを切り取っても特徴的なデザインであることがわかりますね。

▲腕部の完成です。ガンキャノンって、どのパーツを切り取っても特徴的なデザインであることがわかりますね。

 

▲お次は脚部です。まずは足首から。この扁平具合、いいですね~。

▲お次は脚部です。まずは足首から。この扁平具合、いいですね~。

 

▲足首はくるぶしユニットにより、このように可動。これにより足裏を前方に向けることができるので、空中で姿勢制御するポーズなどがとることができます。

▲足首はくるぶしユニットにより、このように可動。これにより足裏を前方に向けることができるので、空中で姿勢制御するポーズなどがとることができます。

 

▲フトモモです。肉感的なパーツです。

▲フトモモです。肉感的なパーツです。

 

▲スネにはフレーム状のパーツが。

▲スネにはフレーム状のパーツが。

 

▲外装をかぶせれば、脚部の完成です。スマートな昨今のキットに比べると、太く短い脚です。

▲外装をかぶせれば、脚部の完成です。スマートな昨今のキットに比べると、太く短いガンキャノンらしい脚です。

 

▲四肢ができあがったので武装にうつりましょう。これはキャノン基部に入るシリンダー状のパーツで、伸び縮みします。

▲四肢ができあがったので武装にうつりましょう。これは低反動キャノン砲基部に入るシリンダー状のパーツで、伸び縮みします。

 

▲低反動キャノン砲の完成です。角度を変えることにより……。

▲低反動キャノン砲の完成です。角度を変えることにより……。

 

▲連動してシリンダー状のパーツが伸縮します。

▲連動してシリンダー状のパーツが伸縮します。

 

▲残りのシールド、肩部ガトリング砲、ミサイル・ランチャー、ライフルを組み上げます。右下は、ライフルを持つときに、腕部に接続するパーツです。

▲残りのシールド、肩部ガトリング砲、ミサイル・ランチャー、ライフルを組み上げます。右下は、ライフルを持つときに、腕部に接続するパーツです。さあ、ここまでできたら……。

 

 

 

完成です!

▲HG 1/144 ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)の完成です。肉感的かつ中学生体系という、ガンキャノンを完璧にとらえたプロポーションです。

▲HG 1/144 ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)の完成です。肉感的かつ中学生体系という、ガンキャノンらしさを完璧にとらえたプロポーションです。

 

▲付属のマーキングシールを貼りつけてみました。全身のラインが機体をグッと引き締めてくれますね。

▲付属のマーキングシールを貼りつけてみました。全身のラインが機体をグッと引き締めてくれますね。

 

 

▲左肩の装備をミサイル・ランチャーに変更してみました。

▲左肩の装備をミサイル・ランチャーに変更してみました。

 

▲足首を前に傾ければ、ゆっくりとホバーで母船から降りてくるガンキャノンを再現できます。

▲足首を前に傾ければ、ゆっくりとホバーで母船から降りてくるガンキャノンを再現できます。

 

▲首と腹部の可動により、こんな腹ばいポーズも自然に。

▲首と腹部の可動により、こんな腹ばいポーズも自然に決まります。

 

 


 

 

いかがでしたでしょうか? これにて、今回のガンプラ新作レビューを終わります。劇中ではやられっぱなしのガンキャノンでしたが、キットの出来は先にも述べた通り、ガンキャノンキットのエポックメイキングになるであろう素晴らしいものです。

 

もちろんキットをふたつ買えば、おなじみの両肩キャノンを作る……なんて遊びもできますので、ぜひとも手にとってみてくださいね!

 

 

 

DATA

HG 1/144 ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)

  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売中
  • 価格:1,944円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

 

関連記事

 

 

関連情報

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec